第182回:M635CSiの輸入から始まった狂乱の日々
『ビリオネア・ボーイズ・クラブ』

2018.11.09 読んでますカー、観てますカー

若手イケメン俳優初共演なのに……

物語が始まるのは1983年。『ビリオネア・ボーイズ・クラブ』は、ビバリーヒルズを舞台に野心あふれる若者たちのサクセスと破滅を描く。1981年に大統領に就任したロナルド・レーガンが“レーガノミクス”と呼ばれる大盤振る舞いの経済政策を実行し、一時的な好景気が演出されていた時期である。富裕層への減税を行い軍事費を中心に政府支出を増加させるという手法はアメリカ経済の構造的な問題を解決するものではなかったが、株式ブームによって浮かれ気分が広がっていた。1987年のブラックマンデーで幻影が消え去ることなど、まだ誰も知らない。

高校の同級生が偶然出会う。いじめられ組のパッとしない生徒だったジョー・ハントは、金融会社で働いている。能力と意欲はあるものの、収入は少ない。高校時代から軽くてチャラいキャラだったディーン・カーニーは、今も口八丁手八丁で調子よく世間を渡っている。2人とも、もっともっと金が欲しい。ジョーは専門分野の知識を生かして金投資を持ちかけ、ディーンは金持ち連中の人脈をフル活用する。最強コンビの誕生である。

ジョーは『ベイビー・ドライバー』のアンセル・エルゴート、ディーンは『キングスマン』のタロン・エガートンが演じる。2人の若手イケメン俳優初の共演なのだから、この映画はもっと話題になっていてもよさそうだ。問題は、もうひとりの共演者である。トレーダーのロン・レヴィン役がケビン・スペイシーなのだ。過去の性的暴行疑惑が浮上した彼は、ほぼ俳優生命を絶たれてしまった。問題発覚以前の出演作とはいえ、大々的な宣伝は打ちにくい。

(C) 2017, BB Club, LLC. All rights reserved.
(C) 2017, BB Club, LLC. All rights reserved.拡大
 
第182回:M635CSiの輸入から始まった狂乱の日々『ビリオネア・ボーイズ・クラブ』の画像拡大
 
第182回:M635CSiの輸入から始まった狂乱の日々『ビリオネア・ボーイズ・クラブ』の画像拡大
鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。

あなたにおすすめの記事
新着記事