第579回:あふれる愛情は体でアピール!?
クルマとタトゥーの意外な関係

2018.11.09 マッキナ あらモーダ!

自動車ブランドとタトゥー

日本ではインバウンド客が急増する温泉地などで、タトゥー(入れ墨)のある外国人観光客をどう扱うかが議論の対象となって久しい。

ここ10年、イタリアをはじめ欧州の周辺各国では、タトゥーが急速にポピュラーになったといってよい。ボクの住むシエナのような地方都市にも、気がつけば今や複数のタトゥーショップがある。

もちろん、そうしたトレンドになじめない人もいる。モナコ在住のクラシック音楽関係者はボクに「どんなに親しくなった女性でも、スモーカーであることがわかったり、タトゥーが入っているのを見つけたりした瞬間、百年の恋がさめる」と嘆いた。

自動車に近い世界では、フィアット創業家の御曹司でファッションブランドであるイタリア・インディペンデントや自動車カスタムメイド工房ガレージ・イタリアを率いるラポ・エルカン氏が「神風」のタトゥーを入れている。その姿はイタリアの女性週刊誌などで、たびたび伝えられてきた。

だが全体的にいえば、保守的なヨーロッパの自動車業界では、タトゥー文化をPR活動で積極的に使うかどうかの判断は避けられてきた。

ボクが記憶しているのは、2001年にイタリアのボローニャモーターショーで、シトロエンが会場の全コンパニオンにブランドロゴ「ドゥブル・シェヴロン」のインスタントタトゥーを貼らせていたことだ。

だが、エンターテインメント的要素が強いボローニャショーという特殊な場に限っての演出であったようで、他社を巻き込んでのトレンドとはならなかった。

ようやく公にタトゥーを取り上げたのは、2014年のジュネーブショーにおけるプジョーだった。タトゥーアーティストにペインティングを委嘱した「108」のショーカーを展示したほか、ダッシュボードにタトゥーマシンを使って文様を施す実演も行ったのだ。(関連記事:エコブースト男・大矢アキオのジュネーブ滞在記

観察するところ、ヨーロッパの自動車界でグループPSAはタトゥーに最も寛容なようである。

スマートファンの左腕には、猛ダッシュする初代スマートのタトゥーが。2010年、イタリアのファンイベントで撮影。
スマートファンの左腕には、猛ダッシュする初代スマートのタトゥーが。2010年、イタリアのファンイベントで撮影。拡大
2001年ボローニャショーにおけるシトロエンのコンパニオン。インスタントではあるが、タトゥー文化を反映した極めて初期の例である。
2001年ボローニャショーにおけるシトロエンのコンパニオン。インスタントではあるが、タトゥー文化を反映した極めて初期の例である。拡大
2014年ジュネーブショーで、プジョーはタトゥーアーティストのXOIL氏をフィーチャー。後方の「108」のグラフィックを担当したほか、ダッシュボードのペインティングを実演した。
2014年ジュネーブショーで、プジョーはタトゥーアーティストのXOIL氏をフィーチャー。後方の「108」のグラフィックを担当したほか、ダッシュボードのペインティングを実演した。拡大
こちらは最新。2018年10月のパリショーにて。シトロエンのコンパニオンには「oui(we)are french」のインスタントタトゥーが。
こちらは最新。2018年10月のパリショーにて。シトロエンのコンパニオンには「oui(we)are french」のインスタントタトゥーが。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。、(ともに二玄社)、、(ともに光人社)、(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事