赤・白・緑の「フィアット・パンダ4×4」登場

2018.11.06 自動車ニュース
「フィアット・パンダ4×4イタリアーナ」
「フィアット・パンダ4×4イタリアーナ」拡大

FCAジャパンは2018年11月1日、コンパクトSUV「フィアット・パンダ4×4イタリアーナ」を150台限定で発売した。

 
赤・白・緑の「フィアット・パンダ4×4」登場の画像拡大
 
赤・白・緑の「フィアット・パンダ4×4」登場の画像拡大
 
赤・白・緑の「フィアット・パンダ4×4」登場の画像拡大

パンダ4×4は、フィアットのコンパクトカー「パンダ」をベースとした小型のSUVである。2気筒エンジン「ツインエア」に6段MTを組み合わせたパワープラントや、電子式デファレンシャルロック付きの4WDシステムなどを特徴としており、これまでにも複数回にわたり、仕様を変えつつ台数限定で日本に導入されていた。

今回のモデル、パンダ4×4イタリアーナについては、ボディーカラーにイタリアの国旗を思わせる「トスカーナ・グリーン」「アイス・ホワイト」「アモーレ・レッド」の3色を設定。インテリアの仕様はボディーカラーによって異なり、トスカーナ・グリーンとアイス・ホワイトの個体には、グレーのインストゥルメントパネルにダークグレー/グリーンのシートの組み合わせを採用。アモーレ・レッドの個体には、レッド/グレーのシートが装備される。

販売台数は、トスカーナ・グリーンとアイス・ホワイトの仕様が60台ずつで、アモーレ・レッドの仕様が30台。価格はいずれも255万9000円となっている。

(Clubpyme)

関連キーワード:
パンダ, フィアット, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フィアット・パンダ4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2014.11.21 試乗記 「フィアット・パンダ」シリーズの名脇役「4×4(フォー バイ フォー)」が帰ってきた。0.9リッターのツインエアエンジンに6MTを組み合わせ、足元を4WDシステムで固めた小さな万能車。その“冒険力”はいかに?
  • トヨタ・マークX“GRMN”(FR/6MT)【試乗記】 2019.1.14 試乗記 トヨタのFRセダン「マークX」をベースに、TOYOTA GAZOO Racingが開発した「マークX“GRMN”」。モータースポーツで得た知見が惜しみなく注がれたコンプリートカーは、走りにこだわるドライバーにこそ試してほしいスポーツセダンに仕上がっていた。
  • マツダ、シカゴショーに「MX-5」の30周年記念モデルを出展 2019.1.9 自動車ニュース マツダが「MX-5(日本名:ロードスター)」の誕生30周年を祝う特別仕様車「MX-5ミアータ30thアニバーサリーエディション」を、1989年にMX-5が世界初公開された、シカゴモーターショーで公開すると発表した。
  • 5段MT搭載の限定車「フィアット500Sマヌアーレ」発売 2018.12.21 自動車ニュース FCAジャパンは2018年12月19日、コンパクトカー「フィアット500」をベースとした「500S Manuale(マヌアーレ)」を設定し、100台の台数限定で2019年1月21日に発売すると発表した。最高出力85psの「ツインエア」エンジンに5段MTを組み合わせ、搭載している。
  • フィアット・パンダ Easy(FF/5AT)【試乗記】 2013.7.1 試乗記 3世代目に進化した、フィアットのコンパクトカー「パンダ」。新たなデザイン、そして新たなメカニズムは、ドライバーにどんな喜びをもたらすのか?
ホームへ戻る