新型インサイトの特徴は?

2018年内に発売される新型インサイトは、現行「シビック」と基本部分を共通化したセダンボディーに、1.5リッターエンジンをベースとした「スポーツハイブリッドi-MMD」を搭載。「アコード」や「ステップワゴン」のi-MMDは2リッターエンジンを使うが、新型インサイトは1.5リッターだから、システムは「クラリティPHEV」に近い。

セダンボディーには上級感があり、ハッチバックと比べると空力特性でも有利だ。後席とトランクスペースの間に隔壁があるから、ボディー剛性を高めやすく、走行安定性や乗り心地、静粛性も向上させやすい。

居住性は「シビックセダン」と同程度だから、後席が特に広いとはいえないが、大人4人の乗車に支障はない。従来型インサイトに比べると、居住性は大幅に快適になるだろう。

スポーツハイブリッドi-MMDは、エンジンと発電機、駆動用モーターなどで構成される。エンジンは基本的に発電機を作動させ、生み出された電気を使ってモーターがホイールを駆動するから、加速感は滑らかだ。モーターは瞬発力が高いため、アクセル操作に対する反応も機敏になる。

ちなみにi-MMDの特徴として、アクセルペダルを踏み増した時に、速度よりもエンジン回転が先に素早く上昇する傾向がある。これはエンジン効率の優れた回転域を使って発電を行うための制御だが、ドライバーが違和感を覚える場合もある。そこで新型インサイトでは、設計の新しい「CR-V」などと同様、自然な運転感覚が得られるようにハイブリッドの制御を見直している。

5ドアハッチバックだった先代とは打って変わって、新型は独立したトランクルームを備えたセダンとなる。ホンダによれば「シビック」と「アコード」の中間に位置するモデルだという。
5ドアハッチバックだった先代とは打って変わって、新型は独立したトランクルームを備えたセダンとなる。ホンダによれば「シビック」と「アコード」の中間に位置するモデルだという。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・レジェンド ハイブリッドEX(4WD/7AT)【試乗記】 2018.3.29 試乗記 モデルライフ半ばのマイナーチェンジが施された、ホンダのフラッグシップセダン「レジェンド」に試乗。ボディー剛性の強化や4WDシステムの制御変更により追求された、“意のままになる走り”を確かめた。
  • ホンダ・アコード ハイブリッドEX(FF)【試乗記】 2016.6.13 試乗記 誕生から40年を迎えた今年、「ホンダ・アコード」が大幅なマイナーチェンジを受けた。よりパワフルかつトルクフルに進化したパワーユニットの出来栄えはいかに? 変更されたエクステリア、インテリアの印象と併せて報告する。
  • ホンダ・クラリティPHEV(FF/CVT)【試乗記】 2018.7.21 試乗記 2030年には世界で販売する四輪車の3分の2を電動化するというホンダ。そのプロジェクトの先駆けとして日本の道を走りだすプラグインハイブリッド車「クラリティPHEV」に、クローズドコースで試乗した。
  • トヨタ・クラウン2.5 G(FR/CVT)【試乗記】 2018.9.25 試乗記 トヨタの王道を行くモデルとして1955年以来という長い歴史を持つ「クラウン」が、15代目にして大きな方向転換を行った。クーペライクなエクステリアデザインからも分かるように、狙いはズバリ“ユーザーの若返り”である。覚悟を持って断行したモデルチェンジは成功したのか?
  • トヨタ・センチュリー(FR/CVT)【試乗記】 2018.10.24 試乗記 日本が誇る孤高のショーファーカー、「トヨタ・センチュリー」の販売目標はわずか月販50台。よってステアリングを任される職業ドライバーの数も、極めて限られものになるであろう。そうしたレアなドライバーズシートに座って、走り……いや“運転”を、味わってみた。
ホームへ戻る