日本での売れ行きはどうなる?

新型インサイトは、CR-Vなどと同様、全般的に装備が充実している印象だ。ベーシックグレードの「LX」でも、カーナビやLEDヘッドライト、16インチアルミホイールなどが標準装備となる。

現行シビックセダンの価格は265万0320円だが、カーナビなどはオプションだ。インサイトLXと同程度のナビやLEDヘッドライトなどをオプション装着したとすれば、総額290万円くらいとなるだろうか。すでにインサイトが販売されているアメリカでの価格などから判断すると、そこから30万円程度の上乗せで、高コストなハイブリッドのインサイトを買えるかもしれない。

ほかのホンダのハイブリッド車は、価格競争が激しいミニバンの「ステップワゴン スパーダ」のハイブリッドでも、1.5リッターターボモデルから約47万円の上乗せだ。「オデッセイ」やCR-Vでは価格差が50万円を超えてしまっている。

現時点で新型インサイトの価格は公表されていないが、もしもLXが先ほど推測した程度の価格なら、性能を考えると割安なハイブリッド車になるだろう。シビックの売れ行きが下がり、インサイトが伸びることも考えられる。

だとすれば車名を「シビックハイブリッド」にする手もあったと思う。シビックは少なくとも日本のホンダファンにとっては大切なクルマだから、廃止した後で復活させ、その売れ行きが再び下がるような処遇はしてほしくない。

今後シビックが低迷して国内から消えると、もはや復活はあり得ないだろう。シビックを盛り上げてほしい私としては、海外はインサイト、日本はシビックハイブリッドでもいいではないかと思う。

(文=渡辺陽一郎/写真=webCG/編集=藤沢 勝)

日本仕様向け装備として、専用デザインのフロントバンパーとトランクスポイラーが用意される。
日本仕様向け装備として、専用デザインのフロントバンパーとトランクスポイラーが用意される。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・レジェンド ハイブリッドEX(4WD/7AT)【試乗記】 2018.3.29 試乗記 モデルライフ半ばのマイナーチェンジが施された、ホンダのフラッグシップセダン「レジェンド」に試乗。ボディー剛性の強化や4WDシステムの制御変更により追求された、“意のままになる走り”を確かめた。
  • ホンダ・アコード ハイブリッドEX(FF)【試乗記】 2016.6.13 試乗記 誕生から40年を迎えた今年、「ホンダ・アコード」が大幅なマイナーチェンジを受けた。よりパワフルかつトルクフルに進化したパワーユニットの出来栄えはいかに? 変更されたエクステリア、インテリアの印象と併せて報告する。
  • ホンダ・クラリティPHEV(FF/CVT)【試乗記】 2018.7.21 試乗記 2030年には世界で販売する四輪車の3分の2を電動化するというホンダ。そのプロジェクトの先駆けとして日本の道を走りだすプラグインハイブリッド車「クラリティPHEV」に、クローズドコースで試乗した。
  • トヨタ・クラウン2.5 G(FR/CVT)【試乗記】 2018.9.25 試乗記 トヨタの王道を行くモデルとして1955年以来という長い歴史を持つ「クラウン」が、15代目にして大きな方向転換を行った。クーペライクなエクステリアデザインからも分かるように、狙いはズバリ“ユーザーの若返り”である。覚悟を持って断行したモデルチェンジは成功したのか?
  • ホンダが新型「インサイト」の情報をホームページで先行公開 2018.10.4 自動車ニュース 本田技研工業は2018年10月4日、同年冬に国内での発売を予定しているハイブリッド車の新型「インサイト」に関する情報をホームページで先行公開した。このたび発売されるのは3代目となるモデル。インサイトが日本市場で販売されるのは2014年以来、約4年ぶりとなる。
ホームへ戻る