スバルが「ジャスティ/ジャスティカスタム」の安全装備を強化

2018.11.08 自動車ニュース
「スバル・ジャスティGSスマートアシスト」
「スバル・ジャスティGSスマートアシスト」拡大

スバルは2018年11月8日、トールワゴンタイプのコンパクトカー「ジャスティ/ジャスティカスタム」を一部改良し、販売を開始した。

「ジャスティカスタムRSスマートアシスト」
「ジャスティカスタムRSスマートアシスト」拡大

今回の改良では、衝突回避支援システム「スマートアシストIII」とコーナーセンサーを全車に標準装備とするなど、安全性の強化を図っている。

従来の「スマートアシストII」に替えて搭載するスマートアシストIIIは、ステレオカメラの採用によって制御対象や認識範囲が拡大。歩行者に対する緊急自動ブレーキやハイビームアシスト機能が追加された。また、フロントグリル内にソナーセンサーを2個加えることで、前方誤発進抑制制御の精度を高めている。

フロントとリアに搭載されるコーナーセンサーは、死角にある障害物を感知して、ブザー音とマルチインフォメーションディスプレイへの表示でドライバーに知らせる。

このほか、「RSスマートアシスト」が装備する15インチアルミホイールを「GSスマートアシスト」にも標準装備とした。また、ボディーカラーの設定も変更しており、単色に「ファイアークオーツレッド・メタリック」と「ブリリアントカッパークリスタル・マイカ」の2色を、2トーンカラーに「ブラック/ファイアークォーツレッド・メタリック」「ブラック/ブリリアントカッパークリスタル・マイカ」「ブラック/パールホワイトIII」の3タイプをそれぞれ追加している。

価格はジャスティが152万8200円~194万8320円。ジャスティカスタムが194万1840円~213万8400円。

(Clubpyme)

関連キーワード:
ジャスティ, ジャスティカスタム, スバル, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 新型コンパクトハイトワゴン「スバル・ジャスティ」発売 2016.11.9 自動車ニュース スバルからハイトワゴンタイプの新型小型車「ジャスティ/ジャスティカスタム」が登場。ダイハツからOEM供給される「トール/トールカスタム」の姉妹車で、5ナンバー枠に収まるコンパクトさでありながら広々とした室内空間を確保している。
  • スバルXVアドバンス(4WD/CVT)【試乗記】 2019.2.28 試乗記 新しいプラットフォームを採用するクロスオーバー「XV」に追加設定された「アドバンス」には、スバル伝統の水平対向エンジンにモーターを組み合わせた「e-BOXER」が搭載されている。700kmに及ぶロングドライブに連れ出し、その実力を確かめた。
  • トヨタ・ルーミーG“S”(FF/CVT)【試乗記】 2017.1.30 試乗記 「スズキ・ソリオ」の独占状態だったコンパクトハイトワゴン市場に、満を持して投入されたトヨタのコンパクトカー「ルーミー」。実際に試乗してみたら……? 走りの質感や使い勝手、さらに燃費の計測結果を報告する。
  • スズキ・ソリオ ハイブリッドSZ(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.10 試乗記 スズキがコンパクトハイトワゴン「ソリオ」シリーズに、フルハイブリッドシステム搭載車を設定。既存のリソースを積み重ねて実現したスズキ独自開発のハイブリッドには、32.0km/リッターという燃費以外にも注目すべきポイントがあった。
  • メルセデス・ベンツA180スタイル(FF/7AT)【試乗記】 2019.3.16 試乗記 りりしいフロントマスクや新開発のエンジンなどを携えてデビューした新型「メルセデス・ベンツAクラス」だが、その目玉はやっぱり“普通の言葉”での対話が可能なインターフェイス「MBUX」。あれこれ話しかけ、できることとできないことを洗い出してみた。
ホームへ戻る