往年の名車「スズキ・カタナ」が復活
その歴史を振り返り、新型の姿を想像する

2018.11.12 デイリーコラム

80年代の幕開けを告げたビッグネーム

2018年10月、ドイツ・ケルンにてヨーロッパ最大級のモーターサイクルショーのひとつ「インターモト」が開催された。2019年を見据えたニューモデルが顔をそろえる中、注目度で他を圧倒していたのがスズキのブースである。なぜなら、あの「カタナ」が復活を果たしたからだ。

オリジナルのカタナは、正式名称を「GSX1100Sカタナ」という。1980年のケルンショー(インターモトの前身)でプロトタイプが発表され、翌81年の秋に生産が始まった当時のフラッグシップだ。この時以来、「KATANA」という言葉の響き、そして「刀」という漢字は、世界中のライダーに通じる数少ない日本語として浸透。パフォーマンスよりも独創的なデザインが評価されたという意味でも、極めて稀有(けう)な日本車になった。

世界を席巻した国産モデルのうち、60年代の代表が「ホンダCB750Four」、70年代のそれが「カワサキ900 Super Four(Z1)」だとすると、80年代の幕開けを告げたビッグネームのひとつがカタナだ。その名が再び送り出されることになったのだから世の中がザワつくのは当然であり、開発陣は想像を絶するプレッシャーにさらされていたに違いない。

そんな新型カタナに関しては後述するとして、まずはオリジナルの時代を振り返っておこう。

「インターモト」の会場にて、スズキのブースに展示された「KATANA(カタナ)」。
「インターモト」の会場にて、スズキのブースに展示された「KATANA(カタナ)」。拡大
1981年式「スズキGSX1100Sカタナ」。長らく海外でのみ販売され(逆輸入車は除く)、日本での正規販売は1994年まで待たなければならなかった。
1981年式「スズキGSX1100Sカタナ」。長らく海外でのみ販売され(逆輸入車は除く)、日本での正規販売は1994年まで待たなければならなかった。拡大
1982年式「GSX750S」。「カタナ」がデビューしたころの日本では、まだメーカーによる750ccの自主規制があったため、750ccのエンジンを搭載した同車が販売された。刺激が強いという理由から車名に「カタナ」はつかず、「刀」のロゴステッカーは付属品扱いだった。
1982年式「GSX750S」。「カタナ」がデビューしたころの日本では、まだメーカーによる750ccの自主規制があったため、750ccのエンジンを搭載した同車が販売された。刺激が強いという理由から車名に「カタナ」はつかず、「刀」のロゴステッカーは付属品扱いだった。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事