「積めればいい」は過去の話
軽トラックの最前線を追う

2018.11.14 デイリーコラム

軽トラをデコるのは当たり前!?

特別仕様車というのは販売促進のためのありふれた手法だが、モノが「ホンダ・アクティ トラック」だとちょっと話が違う。軽トラは生粋の実用車だからだ。ただ、熱烈なホンダファンなら、今回設定された「スピリットカラースタイル」のアクティ トラックが欲しくなってしまうかもしれない。イメージされているのは、ホンダの四輪事業の原点となったモデルなのだ。1963年に発売された「T360」である。2シーターオープンスポーツの「S500」より2カ月前に商品化されたことになるわけで、今年が55周年にあたる。「ベイブルー×ホワイト」と名付けられた2トーンカラーは、当時のカラーリングをイメージしたという。

レトロ感を漂わせた仕上がりはなかなかステキだが、派手なボディーカラーで軽トラックを飾ること自体は驚くことではなくなっている。商用車が実用一辺倒の白かシルバーしかなかった時代はすでに過去なのだ。ダイハツの「ハイゼット カーゴ」にはメーカーオプションとして「選べるカラーパック」が設定されている。標準色の「ホワイト」「ブライトシルバーメタリック」を含む全7色からボディーカラーを選べるのだ。

軽トラ版の「ハイゼット トラック」にも、ピンクやミントグリーンのボディーカラーが用意されている。荷台やガードフレームのプロテクターだってピンクを選ぶことができるのだ。インテリアにはチェックのシートカバーもある。オプションも盛りだくさんで、メッキドアミラーカバーやレッドのエンブレムカラーシールは当たり前。LEDヘッドライトやアルミホイールも今や特別なものとはいえない。

2018年11月18日に発売された「ホンダ・アクティ トラック」の特別仕様車「スピリットカラースタイル」(写真手前)。カラーリングは2タイプ用意されており、こちらはホンダの四輪車の原点「T360」(写真奥)をイメージしたという「ベイブルー×ホワイト」
2018年11月18日に発売された「ホンダ・アクティ トラック」の特別仕様車「スピリットカラースタイル」(写真手前)。カラーリングは2タイプ用意されており、こちらはホンダの四輪車の原点「T360」(写真奥)をイメージしたという「ベイブルー×ホワイト」。拡大
こちらも「アクティ トラック スピリットカラースタイル」で、カラーリングはホンダのパワープロダクツ(はん用機器)をイメージしたという「フレームレッド×ブラック」
こちらも「アクティ トラック スピリットカラースタイル」で、カラーリングはホンダのパワープロダクツ(はん用機器)をイメージしたという「フレームレッド×ブラック」。拡大
こちらはカタログモデルの「アクティ トラック」。ボディーカラーは「ベイブルー」。
こちらはカタログモデルの「アクティ トラック」。ボディーカラーは「ベイブルー」。拡大
2シーターオープン「ホンダS500」は、「T360」から2カ月ほど遅れてのデビューとなった。
2シーターオープン「ホンダS500」は、「T360」から2カ月ほど遅れてのデビューとなった。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る