「モデル3」は買いか否か?
日本市場のテスラについて聞く

2018.11.16 デイリーコラム

今後については心配ご無用

いままでで最もコンパクトかつリーズナブルなテスラ車として注目される「モデル3」。その実車が日本国内で披露され、2019年内に販売がスタートすることも告げられた。

とはいえ、モデル3の生産は当初の計画よりも遅れており、経済界ではテスラ社そのものの将来性についても疑問の声があがっている。モデル3、果たして買いなのか、それとも……。

この点について、テスラジャパンのカントリーセールスディレクターを務める吉田篤司さんは「まったく心配にはおよびません」と答える。

「経済界で言われていることについては、事実は事実なのだから仕方ありません。でも本当にまずいと思ったら、(少なからず経営的な事情を知っている)私もいまここで働いてはいませんよ(笑)」

いわく、モデル3が出るまでは、“ノリ”で事業を進めるというスタートアップ特有の不安定な面があったかもしれないが、モデル3をローンチする時点ではコストやクオリティーのガバナンス(健全な統治システム)が効き、会社組織としてもしっかりしてきたという。

「テスラは驚くほどの研究開発費を投じています。キャッシュフローの点であれこれ言われながらも決して妥協しないというのは、将来的な競争力が期待できるところだと思います」

とはいえ、買う側からすれば不安は不安だ。すでに注文したユーザーに対して、例えばキャンセルの引き止めを意図した弁明などはされているのだろうか? 聞けば、経済誌と株式市場には販売に関する説明をしているものの、ユーザーに対しては、謝罪メッセージを含む特別なケアはしていないとのこと。実際、キャンセルなどの悪影響はあまり出ていないのだという。

テスラの新型セダン「モデル3」。日本市場には、2019年の後半以降にデリバリーされる見込み。
テスラの新型セダン「モデル3」。日本市場には、2019年の後半以降にデリバリーされる見込み。拡大
「モデル3」の概要について説明する、テスラジャパン カントリーセールスディレクターの吉田篤司さん。モデル3については、EVであることよりもむしろ、走行性能や安全性に優れている点に注目してほしいと語る。
「モデル3」の概要について説明する、テスラジャパン カントリーセールスディレクターの吉田篤司さん。モデル3については、EVであることよりもむしろ、走行性能や安全性に優れている点に注目してほしいと語る。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • テスラ、最新型EV「モデル3」を国内で披露 2018.11.8 自動車ニュース テスラジャパンは2018年11月8日、テスラ車の中で最もコンパクトなEVである「モデル3」を国内で披露した。受注は既に始められており、2019年後半以降にデリバリーが開始される。
  • メルセデス・ベンツCLA250 4MATIC(4WD/7AT)/CLA200d(FF/8AT)【海外試乗記】 2019.5.10 試乗記 2013年のデビュー以来、コンパクトな4ドアモデルとして人気を集めてきたメルセデス・ベンツの「CLAクーペ」。2代目となる新型は、基幹車種「Cクラス」の存在をおびやかすほどの完成度を見せてくれた。
  • テスラ・モデルX P90D(4WD)【試乗記】 2017.4.12 試乗記 電気自動車(EV)専業メーカー・テスラのラインナップに新たに加わったSUV「モデルX」に試乗。特徴的な開き方のリアドアや、過剰ともいえるほどの動力性能など、既存のSUVとはまるで違う価値観のもとにつくられた、その魅力に迫った。
  • テスラ・モデルS P85D(4WD)【試乗記】 2016.3.11 試乗記 2012年のデビュー以来、市場での好調が伝えられる、テスラのEV「モデルS」。大幅なパワーアップを果たし、自動運転機能をも装備した、その最新バージョンの走りを報告する。
  • メルセデス・ベンツC200 4MATICステーションワゴン アバンギャルド(4WD/9AT)【試乗記】 2019.5.13 試乗記 大幅な改良を受けた「メルセデス・ベンツCクラス」において、フラッグシップモデルとなるのが「C200 4MATICステーションワゴン アバンギャルド」。新たなマイルドハイブリッド機構が搭載されたパワートレインは、どんな走りをもたらしたのか?
ホームへ戻る