「トヨタ・プロボックス/サクシード」にハイブリッド車が登場

2018.11.19 自動車ニュース
「トヨタ・プロボックス」
「トヨタ・プロボックス」拡大

トヨタ自動車は2018年11月19日、商用バン/ワゴン「プロボックス」「サクシード」に一部改良を実施し、同年12月3日に発売すると発表した。

 
「トヨタ・プロボックス/サクシード」にハイブリッド車が登場の画像拡大
 
「トヨタ・プロボックス/サクシード」にハイブリッド車が登場の画像拡大
 
「トヨタ・プロボックス/サクシード」にハイブリッド車が登場の画像拡大
「サクシード」
「サクシード」拡大

今回の一部改良では、従来の純ガソリン車に加えてハイブリッド車をラインナップに設定。パワープラントは「アクア」や「ヴィッツ」「カローラ」などと同じ、1.5リッターエンジンに電動化機構を組み合わせたもので、WLTCモードで22.6km/リッター、JC08モードで27.8km/リッターという燃費に加え、モーター駆動によるスムーズな発進や加速、高い静粛性なども特長として挙げられている。

機能性の向上も図っており、収納関係ではセンターコンソールに小物入れを新設し、スマートフォンやメモ帳が楽におけるようマルチホルダーのサイズを拡大するなどして利便性を改善。またUSBポートを標準装備としたほか、ハイブリッド車についてはオートエアコンを標準で、運転席シートヒーターをオプションで採用している。

このほかにも、プリクラッシュセーフティーが歩行者にも反応するようになったほか(昼間のみ)、盗難防止装置のイモビライザーを新たに標準設定した。

価格は、プロボックスが137万3760円から196万5600円、サクシードが154万9800円から196万5600円。

(Clubpyme)

関連キーワード:
サクシード, プロボックス, トヨタ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・サクシードTX(FF/CVT)【試乗記】 2019.2.5 試乗記 ついに「プロボックス/サクシード」にもハイブリッドモデルが登場。ハイブリッドを世に広めたトヨタにさえ、なぜかこれまで設定のなかった“はたらくクルマ”のハイブリッド、その仕上がりをリポートする。
  • マツダ3ハッチバック(FF/6MT)/マツダ3セダン(FF/6AT)【海外試乗記】 2019.2.7 試乗記 マツダのCセグメントモデル「アクセラ/マツダ3」が4世代目に進化。斬新なエクステリアデザインに加え、刷新されたシャシーやパワートレインのラインナップなど、見どころに満ちた新型の出来栄えを、米ロサンゼルスでチェックした。
  • レクサスLS500h“エグゼクティブ”(FR/CVT)【試乗記】 2019.2.1 試乗記 2018年8月の一部改良でハイブリッドシステムのエンジンサウンドや変速制御のチューニングを行い、制振材の追加などにより静粛性を向上させたという、レクサスのフラッグシップサルーン「LS」。果たして熟成は、どこまで進んだのだろうか。
  • トヨタ・ハイラックスZ/ハイラックスZ“ブラックラリーエディション”【試乗記】 2019.1.24 試乗記 2017年9月、実に13年ぶりの販売再開となった「ハイラックス」を、オフロードコースで試すチャンスが訪れた。強靭なラダーフレームと最新の電子デバイスを得た4WDシステムの組み合わせは、いったいどんな走破性を披露してくれるのか。タフなコースに挑んでみた。
  • レクサスRC350“Fスポーツ”(FR/8AT)【試乗記】 2019.1.23 試乗記 マイナーチェンジが施された「レクサスRC」に試乗。「LFA」の後を受け、ブランドイメージをけん引していたのは過去の話……。そのポジションを「LC」へと譲ったいま、微妙な立ち位置にある古典的な2ドアクーペを、あえてチョイスする理由はどこにあるのだろうか。
ホームへ戻る