「アルピナB4 Sビターボ」に世界限定99台の特別なモデル登場

2018.11.16 自動車ニュース
「アルピナB4 Sビターボ エディション99クーペ」
「アルピナB4 Sビターボ エディション99クーペ」拡大

独アルピナの日本総代理店であるニコル・オートモビルズは2018年11月16日、「アルピナB4 Sビターボ クーペ/カブリオ」に設定された限定モデル「エディション99」を発表。同日受注を開始した。

「B4 Sビターボ エディション99カブリオ」
「B4 Sビターボ エディション99カブリオ」拡大
フェリックグレーの20インチ鍛造アルピナクラシックホイール。
フェリックグレーの20インチ鍛造アルピナクラシックホイール。拡大
「B4 Sビターボ エディション99クーペ」の電動スポーツシート。
「B4 Sビターボ エディション99クーペ」の電動スポーツシート。拡大
アルミ削り出しのシフトパドル。
アルミ削り出しのシフトパドル。拡大
「B4 Sビターボ エディション99カブリオ」のシート。
「B4 Sビターボ エディション99カブリオ」のシート。拡大
エンジンルームに貼られたプロダクションプレート。
エンジンルームに貼られたプロダクションプレート。拡大
「B4 Sビターボ エディション99クーペ」
「B4 Sビターボ エディション99クーペ」拡大

標準モデルとは異なる仕立ての内外装が魅力

アルピナB4 Sビターボは、3リッター直6直噴ツインターボエンジンを搭載した高性能クーペおよびカブリオレである。

エディション99は、同車をベースとしたグローバルでの販売台数99台という限定モデルで、エクステリアについてはブラック・ハイグロス仕上げのトリムエレメントや、フェリックグレーの20インチ鍛造アルピナクラシックホイールなどで標準モデルと差異化。ボディーカラーは「アルピナブルー」「グリージョメディオ」「ファイヤーオレンジ」「ブラックサファイア」「ミネラルホワイト」の5色で、オプションでマットブラック、マットブルーの2種類の専用アルピナ・デコセットも用意している。

一方インテリアでは、ラヴァリナレザーを手作業で仕上げたアルピナスポーツ・ステアリングホイールに、無垢(むく)のアルミニウムから削り出したシフトパドルを採用。ステアリングに施される、ボディーカラーに合わせた色のステッチも特徴となっている。インテリアトリムにはアルピナ・ピアノブラックのほか、オプションとしてアルカンタラ・アンソラジットとカーボン調レザーを用意しており、フロアとトランクにはブラックの縁取りのレザーを用いた手仕上げのマットを採用。センターコンソールとエンジンルームには、プロダクションナンバーを刻印した専用のプレートを装着している。

シートの仕様はクーペとカブリオで異なり、前者には優れたサポート性を実現するために、ハーフシェルタイプの電動スポーツシートを装備。快適性を高めるため、外側にはメリノレザー、中央部分にはアルカンタラ・アンソラジットの表皮を用いている。一方カブリオのシート表皮には「ブラック」「ゴールドブラウン」「カシミアベージュ」「ナツメグ」「オパールホワイト」の5色から選べるメリノレザーを採用。またカブリオでは、レザーフィニッシュド・インストゥルメントパネルが標準装備となる。

走りに関する部分についても手を加えており、マフラーにはアクラポビッチ社と共同開発した専用の軽量チタン製エキゾーストシステムを採用。手作業で溶接したツインエキゾーストテールパイプはマットなチタン仕上げで、7kgの軽量化と堂々たるエンジン音を実現しているという。また、スポーティーな走行を好むオーナー向けに、コーナリング時のトラクションを高めるリミテッドスリップディファレンシャルもオプションで用意している。

価格は以下の通り。

  • B4 Sビターボ エディション99クーペ:1369万円(左ハンドル)
  • B4 Sビターボ エディション99クーペ:1397万円(右ハンドル)
  • B4 Sビターボ エディション99カブリオ:1469万円(左ハンドル)
  • B4 Sビターボ エディション99カブリオ:1497万円(右ハンドル)

納車開始は2019年4月を予定している。

(Clubpyme)

関連キーワード:
B4, BMWアルピナ, 自動車ニュース

BMWアルピナ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMWアルピナB4 Sビターボ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2018.12.27 試乗記 ドイツの小さな自動車メーカー「アルピナ」が生産する市販車は、年間わずか1700台ほど。今回、車名に「S」を冠した「B4ビターボ」の高性能版クーペをワインディングロードに連れ出し、21世紀になった今も変わらず貴重な存在であり続ける、その魅力を味わってみた。
  • BMW 330i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2019.3.2 試乗記 BMWが誇るスポーツセダンのベンチマーク「3シリーズ」が、7代目にフルモデルチェンジ。ブランドの“伝統芸”ともいえるミズスマシ的ドライブフィールと、隔世の進化を遂げた強力なドライビングアシストに触れ、リポーターが感じたこととは?
  • BMW M850i xDriveクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.4.11 試乗記 かつてBMWのV12ラグジュアリークーペに与えられていた「8シリーズ」の名称がおよそ20年ぶりに復活した。「クーペ」と「カブリオレ」という2つのラインナップから、まずはスタイリッシュなクーペに試乗。新世代フラッグシップモデルの実力を確かめる。
  • トヨタ・プリウスA“ツーリングセレクション”(FF/CVT)【試乗記】 2019.3.25 試乗記 販売にかつての勢いがないとはいえ、「トヨタ・プリウス」が今もなおトヨタを象徴する車種であることに変わりはない。相撲の横綱に求められるのと同様に、プリウスにもプリウスらしい振る舞いが求められているのだ。最新モデルに試乗し、その出来栄えを確かめた。
  • BMW Z4 M40i(FR/8AT)【試乗記】 2019.4.17 試乗記 新型となった「BMW Z4」の実力を探るべく、3リッター直6エンジンを積んだ上級グレード「M40i」に試乗。端々に初代モデルへの回帰が感じられる3代目は、ライバル「ポルシェ718ボクスター」の存在を脅かすのに十分な実力を備えていた。
ホームへ戻る