80年の歴史に幕……
フォルクスワーゲンの「ビートル」はなぜ販売終了に?

2018.11.21 デイリーコラム

理由は単純明快

2018年1月からフォルクスワーゲン車の輸入元が展開している“See You! The Beetle”キャンペーン。新しいところでは10月23日にその第4弾として「マイスター」という名の特別仕様車が販売されているが、See you! とある通り、これは「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」の販売終了キャンペーンである。オフィシャルウェブサイトにも「皆さまに愛していただいたザ・ビートルは、2019年をもって日本での販売が終了になります」と明記されている。

独フォルクスワーゲンのウェブサイトを見ても、すでにモデルラインナップに名前がない(「カブリオレ」はあった)ので、日本だけの都合というわけではないようだ。

輸入元であるフォルクスワーゲン グループ ジャパンに販売終了となる理由を聞いてみると、広報部のI氏から「ザ・ビートルは2011年(日本では2012年)にデビューしました。ですので、モデルサイクルの終了ということになります」という、単純かつ明快な回答をいただいた。

「へー、そうなんだー」と納得してはいけない。後継となる新型が存在しないのである。

“See You! The Beetle”キャンペーン」の第4弾として2018年10月23日に発売された「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル マイスター」。
“See You! The Beetle”キャンペーン」の第4弾として2018年10月23日に発売された「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル マイスター」。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルRライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.2.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラインナップに、優れた走行性能と環境性能の両立を掲げる1.4リッターモデル「ザ・ビートルRライン」が登場。その走りの印象や乗り心地、燃費の計測結果を報告する。
  • 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」の発表会場から 2016.9.21 画像・写真 フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2016年9月21日、デザインや安全装備、インフォテインメントシステムをリファインした「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」を発売した。全8色のザ・ビートルが並んだ発表会の様子を、写真とともにリポートする。
  • フォルクスワーゲン、ザ・ビートルの3グレードに特別仕様車を設定 2018.10.23 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2018年10月23日、「ザ・ビートル」が2019年に日本での販売を終了するのに伴い、“See You The Beetle キャンペーン”の第4弾として特別仕様車「ザ・ビートル マイスター」を発売すると発表した。
  • フォルクスワーゲン、限定車「ザ・ビートル デューン」を発売 2017.6.27 自動車ニュース 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のクロスオーバーモデル「ザ・ビートル デューン」が300台限定で発売された。1.4リッターターボエンジンを搭載する「Rライン」をベースに、アンダーガード付き前後バンパーや大型リアスポイラーが装着される。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル R-Line (FF/7AT)【レビュー】 2016.11.9 試乗記 フォルクスワーゲンのブランドアイコンモデル「ザ・ビートル」に新グレードの「ザ・ビートル R-Line」が追加された。限定車以外では始めて、ブルーモーションテクノロジーを採用した1.4リッターTSIエンジンを搭載し、燃費も上々。では、一番“おいしい”ポイントは? 他グレードとの比較を試みた。
ホームへ戻る