80年の歴史に幕……
フォルクスワーゲンの「ビートル」はなぜ販売終了に?

2018.11.21 デイリーコラム

理由は単純明快

2018年1月からフォルクスワーゲン車の輸入元が展開している“See You! The Beetle”キャンペーン。新しいところでは10月23日にその第4弾として「マイスター」という名の特別仕様車が販売されているが、See you! とある通り、これは「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」の販売終了キャンペーンである。オフィシャルウェブサイトにも「皆さまに愛していただいたザ・ビートルは、2019年をもって日本での販売が終了になります」と明記されている。

独フォルクスワーゲンのウェブサイトを見ても、すでにモデルラインナップに名前がない(「カブリオレ」はあった)ので、日本だけの都合というわけではないようだ。

輸入元であるフォルクスワーゲン グループ ジャパンに販売終了となる理由を聞いてみると、広報部のI氏から「ザ・ビートルは2011年(日本では2012年)にデビューしました。ですので、モデルサイクルの終了ということになります」という、単純かつ明快な回答をいただいた。

「へー、そうなんだー」と納得してはいけない。後継となる新型が存在しないのである。

“See You! The Beetle”キャンペーン」の第4弾として2018年10月23日に発売された「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル マイスター」。
“See You! The Beetle”キャンペーン」の第4弾として2018年10月23日に発売された「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル マイスター」。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る