第536回:世界中のバイクメーカーが一堂に集結
巨大モーターサイクルショー「EICMA」の今とこれから

2018.11.27 エディターから一言
最も来場者が多い土曜・正午あたりのドゥカティブースの様子。地元イタリアのトップブランドであるドゥカティはEICMAで特に人気が高く、ブースは毎年、車両に近づくことが困難なほどの人であふれかえる。
最も来場者が多い土曜・正午あたりのドゥカティブースの様子。地元イタリアのトップブランドであるドゥカティはEICMAで特に人気が高く、ブースは毎年、車両に近づくことが困難なほどの人であふれかえる。拡大

イタリア・ミラノで開催される世界最大級のモーターサイクルショー「EICMA(エイクマ)」。あまたのメーカーがニューモデルを発表するイベントの様子を、様変わりする取材や情報配信のあり方とともに、会場からリポートする。

ドゥカティは毎年、EICMAのプレスデー前にミラノ市内の別会場でプレスカンファレンスを行う。また近年はその様子をライブ配信し、世界中のファンにその様子をいち早く伝えている。
ドゥカティは毎年、EICMAのプレスデー前にミラノ市内の別会場でプレスカンファレンスを行う。また近年はその様子をライブ配信し、世界中のファンにその様子をいち早く伝えている。拡大
今年最大のトピックは、市販車ベースのマシンで争われるスーパーバイク世界選手権用のホモロゲーションモデル「パニガーレV4R」の発表だ。ファクトリーチームのライダー、チャズ・デービスのライドインでお披露目されたV4Rは、EICMAの終了後、すでに実戦へ向けたテストが行われている。
今年最大のトピックは、市販車ベースのマシンで争われるスーパーバイク世界選手権用のホモロゲーションモデル「パニガーレV4R」の発表だ。ファクトリーチームのライダー、チャズ・デービスのライドインでお披露目されたV4Rは、EICMAの終了後、すでに実戦へ向けたテストが行われている。拡大
ドゥカティと同じく、EICMAの前に別会場でプレスカンファレンスを行うヤマハ。とくにイタリアでは人気が高く、自国ブランドのように感じているイタリア人のファンも多い。
ドゥカティと同じく、EICMAの前に別会場でプレスカンファレンスを行うヤマハ。とくにイタリアでは人気が高く、自国ブランドのように感じているイタリア人のファンも多い。拡大

1週間にわたって行われるバイクの祭典

2018年11月8日~11日、イタリア・ミラノ郊外にある巨大なエキシビション施設「Fiera Milano-Rho(フィエラ・ミラノ=ロー)」にて、世界最大級のモーターサイクルショー「EICMA 2018」が開催された。通称ミラノショーとも呼ばれるこのイベントは、正確には上記の日程の前に2日間のプレスデーがプラスされる。さらにはその前の2日間で、EICMAとは別の会場でプレスカンファレンスを行うメーカーまであり、実質的には11月4日から11日までがEICMAの開催期間といえる。

EICMAでは、翌年にリリースされる予定の新型車が各メーカーから発表される。早いものでは発表後すぐに翌年モデル(今回の場合だと2019年モデル)として発売され、その他の多くのモデルも、翌年の初めから春にかけて欧州でデリバリー開始となる。

それは欧州メーカーに限らず、日本メーカーも同じだ。EICMAでは主にグローバル市場で販売される世界戦略車が発表され、日本仕様を含め、仕向け地に合わせて排気量などがアレンジされたモデルについては、その後におのおのの市場でお披露目となる。ただし、かつての大排気量世界戦略車は「欧州/北米/豪州仕様車はフルパワー、自主規制によって日本仕様車は大幅にパワーダウンしている」というのが通例だったが、いまは世界共通の排出ガス規制の導入などにより、仕向け地による出力差はほとんどない。だからこそEICMAでの発表に、世界中の注目が集まるのである。

あなたにおすすめの記事
新着記事