「変わらなきゃ!」ふたたび
日産のゴーン・ショックを考える

2018.11.23 デイリーコラム

違和感だらけの大騒動

2018年11月19日午後、事件は起きた。はじめは「カルロス・ゴーン氏が金融商品取引法違反の容疑で任意同行」だったが、時間経過とともに「カルロス・ゴーン容疑者を逮捕」「有価証券報告書の虚偽記載」「報酬の過少申告」へと上書きされていく。

そのころTwitterは大喜利に沸いていた。テレビCMのコピーをもじった「やっちゃった日産」からストレートな「He was gone」まで、さまざまな投稿がなされ、風貌が似ていると言われていた「Mr.ビーン」は、Twitterの“トレンド”入りまで果たす。カリスマ経営者の逮捕で企業の先行きが不透明というのに、悲壮感がないどころか、ちょっとした祭り気分なのだ。USBを知らない某大臣なら「有名になってよかった」と開き直るかもしれないが、市場とTwitterの温度差には違和感を覚えずにいられない。

その夜、日産自動車は記者会見を開く。表向きは報道を受けての緊急会見だが、そうではないことは明白だ。対応するのは西川廣人社長一人。カメラに映った西川社長の手元には紙切れがあるだけ。それでもよどみなく語る姿には、自分たちに火の粉が降りかからないように関係各位と綿密にすり合わせて、幾度も質疑応答のシミュレーションを繰り返していたかのようなスマートさが感じられる。

言い換えれば、“ひとごと感”なのだ。会見では当然、関係各位への謝罪を述べているが、その時点での報道が事実ならば、有価証券報告書に虚偽の記載があったわけで、法人としての日産にも代表権を持つ西川社長にも大きな責任がある。仮にゴーン会長の独裁体制が元凶だとしても、会社組織である以上、「僕は知りません」が通るはずもない。今年5月に最高財務責任者がゼネラルモーターズ(GM)出身のジョセフ・ピーター氏から、西川社長と同じ東京大学経済学部出身で日産生え抜きの軽部 博氏に代わったのは、偶然なのか否か。西川社長の言葉の節々に見え隠れするひとごと感。これが2つ目の違和感だ。

会見の翌日、本件が国内2例目の司法取引の事案であることが明らかになり、違和感は少し緩和されたものの、依然としてモヤモヤが残る。日産側は何を差し出し、何を得たのか。すぐには真相は明らかにならないだろうが、引き続き注視したい。

19年の長きにわたり、日産自動車の経営トップとして剛腕をふるってきたカルロス・ゴーン氏。大物経営者の突然の逮捕劇は、世界に衝撃を与えた。
19年の長きにわたり、日産自動車の経営トップとして剛腕をふるってきたカルロス・ゴーン氏。大物経営者の突然の逮捕劇は、世界に衝撃を与えた。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事