モーガンやケータハムだけじゃない!
イギリスに息づく小規模コンストラクターたち

2018.11.28 デイリーコラム
明治産業によってアルヴィス車も日本に輸入されることとなった。写真は「ヴァンデンプラス ツアラー」。
明治産業によってアルヴィス車も日本に輸入されることとなった。写真は「ヴァンデンプラス ツアラー」。拡大

大手メーカーの大半が、外国メーカーやコンソーシアムのコントロールを受けるイギリスの自動車業界ではあるが、それでも各社ともにイギリス独自のキャラクターをしっかりと打ち出し、魅力的なクルマの数々を世に送り出している。しかし、この国の自動車生産を担っているのは大メーカーだけではない。自宅の裏庭からスタートした「バックヤードビルダー」に代表される有名無名の小さなメーカーたちもまた、独自の技術と個性で異彩を放っている。

今回は、そんな英国の小メーカーをいくつか選び出して、紹介させていただくことにしよう。

モーガン3ホイーラー
モーガン3ホイーラー拡大
ケータハム・セブン スーパースプリント
ケータハム・セブン スーパースプリント拡大
ブリストル405
ブリストル405拡大
ジネッタG40R
ジネッタG40R拡大
TVRサガリス
TVRサガリス拡大

伝統を守る者と受け継ぐ者

今なお英国民族資本が保たれている小規模メーカーの中で、わが国でも最も有名なものといえば、今年から新たなインポーターのもとで日本に正規導入されることになった“モーガン”だろう。1909年に創業したモーガンは、今なおモーガン家による家族経営。第2次大戦前からの基本を継承したスポーツカーを21世紀の現在も生産し、全世界の愛好家から敬愛されている。

また、もとはといえば1957年に登場した「ロータス・セブン」の生産設備を継承して73年に創業。今なお超絶的に進化した「スーパーセブン」の数々を上梓(じょうし)する“ケータハム”も、世界的な人気ブランドといえよう。

その傍ら、英国内での名声は高いが、日本での知名度はイマイチと思われる“ブリストル”は、同名の航空機メーカーの自動車部門として1945年に創業。当初はBMW由来の自製6気筒エンジンを、1960年代以降は北米クライスラーV8を搭載した超高級GTを製作してきたほか、21世紀に入ると「ダッジ・バイパー」のコンポーネンツを使用したスーパーカー「ファイター」で話題を集めるも、2011年に経営破綻。しかし現在ではスイス企業の支援を受けつつ、BMW製V8エンジンを搭載する次世代モデル「ビュレット」の生産準備を推し進めている(らしい)。

そして英国のお家芸、ライトウェイトスポーツカーの世界では老舗といわれる“ジネッタ”も忘れてはなるまい。ウォークレット兄弟により、まさにバックヤードビルダーとして1958年に誕生したのち、「G4」などの名作を生み出したジネッタは、その後かなりの波乱万丈に巻き込まれ、経営権が譲渡された。しかし、現在でも市販スポーツカーやレーシングカーの製作を続けている。

一方、経営体制が目まぐるしく変わりつつも、そのブランドネームが引き継がれているメーカーの代表格が“TVR”である。1947年にトレヴァー・ウィルキンソンが創業、1960年代に最初の隆盛を得たのち、中興の祖ピーター・ウィラーの手で90年代に2度目の全盛期を迎えつつも、ロシア人実業家に経営権が譲渡されたのちに破綻。しかし現在では、かのゴードン・マーレイ設計による新型車とともに復活を果たしつつある。

また、往年の二輪車メーカーの屋号を引き継いだ“アリエル”は、ボディーデザインの一部となる鋼管スペースフレームに、ホンダ製4気筒エンジンなどを搭載した超軽量・超高性能スーパースポーツ「アトム」を2000年から販売。今なお進化を続けつつ、サーキット志向の強いスポーツドライバーから根強い支持を得ている。

さらに、1950年代後半にジャガーのコンポーネンツを流用したレーシングスポーツカーとともに、同時代の耐久レースで大活躍。社名を引き継いだ新体制で復活した1990年代以降は「ジャガーXJS」をもとに、原型の見る影もないほどの改造を施した「ストーム」を製作した“リスター”も、現在では「ジャガーFタイプ」をベースとするコンプリートチューンドカーで気を吐いているのである。

あなたにおすすめの記事
新着記事