メルセデスAMG G63(前編)

2018.11.29 谷口信輝の新車試乗 かつて谷口信輝が酷評した「メルセデス・ベンツGクラス」。その新型もまた、厳しい評価を下されることになるのか? プロのレーシングドライバーが、ハイパフォーマンスSUV「AMG G63」のステアリングを再び握った。

掛け値なしに“フツー”

今回谷口信輝に試乗してもらったのは、デビュー以来39年を経て初のフルモデルチェンジを受け、2代目に生まれ変わったばかりのメルセデスAMG G63。ただし、Gクラスと谷口の間にはちょっとした因縁がある。

先代G63をドライブした谷口は、そのステアリングレスポンスの鈍さに辟易として「このクルマ、完全に圏外だわ。たぶん、あげるって言われてももらいません」と言い放ったのだ。谷口がここまで厳しい評価を下したのは、この連載が始まってから空前にして絶後のことと記憶している。

そんな過去があったから、新型Gクラスに試乗してもらうにも、スタッフの間にはどこかピリピリとした雰囲気が漂っていた。私も心配で心配で、谷口がテストドライブに出発しようとしたとき、あわててその後席に飛び乗ったくらいである。

ところが、どうしたことだろう。谷口はG63を走らせ始めてから1分とたたないうちに、「あれ、先代とはハンドリングが全然違う。フツーじゃないですか」と言い始めたのである。 

この連載をいつも読んでいただいている皆さんであればご存じのとおり、谷口のいう「フツー」は最大限の賛辞だ。
「いやー、全然いいんじゃないんですか」 

そうそう、彼の場合、これもホメ言葉である。
「これは、掛け値なしにフツーですよ」 

 
メルセデスAMG G63(前編)の画像拡大
 
メルセデスAMG G63(前編)の画像拡大
 
メルセデスAMG G63(前編)の画像拡大
 
メルセデスAMG G63(前編)の画像拡大

【メルセデスAMG G63のスペック】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4873×1984×1966mm/ホイールベース:2890mm/車重:2560kg/駆動方式:4WD/エンジン:4リッターV8 DOHC 32バルブ ターボ/トランスミッション:9段AT/最高出力:585ps(430kW)/6000rpm/最大トルク:850Nm(86.7kgm)/2500-3500rpm/タイヤ:(前)275/50R20 113W/(後)275/50R20 113W(ピレリ・スコーピオンゼロ アシンメトリコ)/燃費:13.1リッター/100km(約7.6km/リッター、欧州複合モード)/価格:2035万円

 

【取材時の燃費データ】
テスト距離:215.0km(市街地1:高速道路8:山岳路1)/使用燃料:38.8リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:5.5km/リッター(満タン法)/5.4km/リッター(車載燃費計計測値)


	【メルセデスAMG G63のスペック】
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4873×1984×1966mm/ホイールベース:2890mm/車重:2560kg/駆動方式:4WD/エンジン:4リッターV8 DOHC 32バルブ ターボ/トランスミッション:9段AT/最高出力:585ps(430kW)/6000rpm/最大トルク:850Nm(86.7kgm)/2500-3500rpm/タイヤ:(前)275/50R20 113W/(後)275/50R20 113W(ピレリ・スコーピオンゼロ アシンメトリコ)/燃費:13.1リッター/100km(約7.6km/リッター、欧州複合モード)/価格:2035万円

	 

	【取材時の燃費データ】
	テスト距離:215.0km(市街地1:高速道路8:山岳路1)/使用燃料:38.8リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:5.5km/リッター(満タン法)/5.4km/リッター(車載燃費計計測値)
	拡大

関連キーワード:
Gクラス, メルセデス・ベンツ

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG G63(4WD/9AT)【試乗記】 2018.9.22 試乗記 古式ゆかしきラダーフレームのクロカン車に、585psのV8ツインターボエンジンを搭載した「メルセデスAMG G63」。無理やりすぎる商品企画の帳尻を、自慢の技術で合わせてみせた力業な一台に、無駄で過剰なクルマならではの楽しさを見た。
  • メルセデス、新型「Gクラス」にディーゼルを追加 2018.12.25 自動車ニュース 独ダイムラーは2018年12月21日(現地時間)、新型「メルセデス・ベンツGクラス」のディーゼルエンジン搭載車「G350d」を発表した。最高出力286ps、最大トルク600Nmという実力を持つ。欧州でのデリバリーは2019年1月を予定しているという。
  • 新型「ポルシェ911カブリオレ」がデビュー 2019.1.10 自動車ニュース 独ポルシェは2019年1月9日(現地時間)、2018年11月開催のロサンゼルスモーターショーで発表された新型「911」のオープン版となる「911カブリオレ」を発表した。第8世代の911として初めてのバリエーションとなる。
  • レクサスUX200“バージョンL”/UX250h“Fスポーツ”/UX250h“バージョンL”【試乗記】 2018.12.29 試乗記 レクサス初のコンパクトクロスオーバー「UX」がいよいよ日本の道を走りだした。小さなSUV系のクルマがモテる今、このニューフェイスは“買い”なのか? パワーユニットや駆動方式の異なる3モデルに試乗し、その印象を報告する。
  • アルピーヌA110リネージ(MR/7AT)【試乗記】 2019.1.5 試乗記 これぞフランス車と思わせる、しなやかな乗り心地。そして、思わずワインディングロードに行きたくなる軽快な身のこなし。復活した「アルピーヌA110」は、ポルシェやロータスとはひと味違うドライビングプレジャーに満ちていた。
ホームへ戻る