メルセデスAMG G63(後編)

2018.12.06 谷口信輝の新車試乗 最高出力585psのハイパフォーマンスSUV「メルセデスAMG G63」に、レーシングドライバー谷口信輝が試乗。旧型には難色を示した谷口が、2代目となる新型に対して好印象を抱いたのはなぜなのか……?

ポイントは「インフォメーション」

新型メルセデスAMG G63に試乗してステアリングのレスポンスやリニアリティーに称賛の言葉を贈った谷口信輝。これまで激しく糾弾していた旧型とは180度異なる評価だが、これにはステアリングからもたらされるインフォメーションが豊かになったことも大いに関係していたようである。

「前編でも言いましたが、旧型の足まわりは、まるで途中にいくつも豆腐が入っているみたいで、ここで大切なロードインフォメーションが遮断されていました。オフロード走行に伴うショックを吸収するには必要だったのでしょうが、クルマとの会話をなにより大切にする僕には、これがガマンできなかった。」

「ところが新型は、豆腐じゃなくてブッシュを使っている。もちろん、豆腐というのは『なにか柔らかいもの』を指す比喩ですよ。でも、僕にはそんな風に感じられたんです。一方、ちゃんとしたブッシュを使った新型ではロードインフォメーションがしっかりと伝わってくる。だからクルマとの会話が楽しめる。これが僕にはとても大切なんです。おかげで、いままでは完全に圏外な存在だったGクラスが、新型になった途端、もうバリバリ4本アンテナが立っている状態になった(笑)。本当にこれ、フツーのクルマになりましたね。いや、本当にいい意味で……」

あまりにハンドリングの感触がよかったために、気をよくした谷口は限界近いコーナリングまで試すようになった。
「お、意外とスタビリティーコントロールの介入は遅めですね。ちょっとタイヤが滑り始めるくらいのところまで許してくれる。少しだけタイヤを滑らせる走り方は、オフロードでトラクションを確保するにも重要なのかもしれませんね」

やがて谷口はこんな指摘をした。
「このクルマって、ドライバーの視点が高いですね。なんか、周囲を見下ろしている感じ。外から見たときはあんまり感じなかったんですが、運転席に腰掛けるとまるでバスに乗っているみたいですね」

 ただし、それを短所とは谷口は思っていない様子だった。
「不満じゃありませんよ。むしろ楽しい。大きいクルマに乗っているというわくわく感がありますね。街を走っているときも、自分の前の前のクルマまで見えるから、きっと楽じゃないですか」

 
メルセデスAMG G63(後編)の画像拡大
 
メルセデスAMG G63(後編)の画像拡大
 
メルセデスAMG G63(後編)の画像拡大
 
メルセデスAMG G63(後編)の画像拡大

【メルセデスAMG G63のスペック】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4873×1984×1966mm/ホイールベース:2890mm/車重:2560kg/駆動方式:4WD/エンジン:4リッターV8 DOHC 32バルブ ターボ/トランスミッション:9段AT/最高出力:585ps(430kW)/6000rpm/最大トルク:850Nm(86.7kgm)/2500-3500rpm/タイヤ:(前)275/50R20 113W/(後)275/50R20 113W(ピレリ・スコーピオンゼロ アシンメトリコ)/燃費:13.1リッター/100km(約7.6km/リッター、欧州複合モード)/価格:2035万円

 

【取材時の燃費データ】
テスト距離:215.0km(市街地1:高速道路8:山岳路1)/使用燃料:38.8リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:5.5km/リッター(満タン法)/5.4km/リッター(車載燃費計計測値)


	【メルセデスAMG G63のスペック】
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4873×1984×1966mm/ホイールベース:2890mm/車重:2560kg/駆動方式:4WD/エンジン:4リッターV8 DOHC 32バルブ ターボ/トランスミッション:9段AT/最高出力:585ps(430kW)/6000rpm/最大トルク:850Nm(86.7kgm)/2500-3500rpm/タイヤ:(前)275/50R20 113W/(後)275/50R20 113W(ピレリ・スコーピオンゼロ アシンメトリコ)/燃費:13.1リッター/100km(約7.6km/リッター、欧州複合モード)/価格:2035万円

	 

	【取材時の燃費データ】
	テスト距離:215.0km(市街地1:高速道路8:山岳路1)/使用燃料:38.8リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:5.5km/リッター(満タン法)/5.4km/リッター(車載燃費計計測値)
	拡大

関連キーワード:
Gクラス, メルセデス・ベンツ

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG G63 2018.2.14 画像・写真 ダイムラーは2018年2月13日、新型「Gクラス」の高性能仕様「メルセデスAMG G63」を発表した。その姿を画像で紹介する。4リッターV8ツインターボエンジンは585psを生み出し、0-100km/h:4.5秒という加速性能がうたわれている。
  • メルセデスAMG G63(4WD/9AT)【試乗記】 2018.9.22 試乗記 古式ゆかしきラダーフレームのクロカン車に、585psのV8ツインターボエンジンを搭載した「メルセデスAMG G63」。無理やりすぎる商品企画の帳尻を、自慢の技術で合わせてみせた力業な一台に、無駄で過剰なクルマならではの楽しさを見た。
  • メルセデス・ベンツG550(4WD/9AT)/メルセデスAMG G63(4WD/9AT)【試乗記】 2018.7.17 試乗記 今やアイコン的存在となっているメルセデス・ベンツのクロスカントリーモデル「Gクラス」。新設計のボディーやフロント独立懸架の足まわりを得て、劇的な進化を遂げたというニューモデルの出来栄えを、“オン”と“オフ”の両方で確かめた。
  • メルセデス・ベンツG550(4WD/9AT)【試乗記】 2018.9.14 試乗記 誕生からおよそ40年を経て初のフルモデルチェンジを迎えた、メルセデスのヘビーデューディーSUV「Gクラス」。見た目はかつてのままのようだが、その乗り味は……? “変わったところ”と“変わらぬところ”を、「G550」に試乗して確かめた。
  • ランボルギーニが「アヴェンタドールSVJ」を日本初披露 2018.11.21 自動車ニュース ランボルギーニ・ジャパンは2018年11月21日、横浜スーパーファクトリーで開催された「Lamborghini Day Japan 2018」にて「ランボルギーニ・アヴェンタドール SVJ」を日本初公開した。
ホームへ戻る