第15回:スバル・フォレスター(前編)

2018.12.05 カーデザイナー明照寺彰の直言
スバル・フォレスター
スバル・フォレスター拡大

「あまりにもデザインが代わり映えしない!」と、評判がいまひとつの新型「フォレスター」。キープコンセプトは決して悪いことではないが、これじゃ購買意欲が湧かないという意見にもうなずける部分はある。プロの目から見た新型フォレスターはどうなのか。

北米を中心にスバルの販売を支える基幹車種「フォレスター」。5代目となる現行型は、2018年のニューヨークモーターショーで発表された。
北米を中心にスバルの販売を支える基幹車種「フォレスター」。5代目となる現行型は、2018年のニューヨークモーターショーで発表された。拡大
225/55R18サイズのタイヤを履いた先代「フォレスター」。
225/55R18サイズのタイヤを履いた先代「フォレスター」。拡大
同じく225/55R18サイズのタイヤを履く現行型「フォレスター アドバンス」。前後のオーバーハングのボリューム感に注目。
同じく225/55R18サイズのタイヤを履く現行型「フォレスター アドバンス」。前後のオーバーハングのボリューム感に注目。拡大
現行型「フォレスター」のフロントフェンダー。ホイールアーチの上の高い位置にプレスラインがあり、フェンダーまわりに強いボリュームを持たせている。
現行型「フォレスター」のフロントフェンダー。ホイールアーチの上の高い位置にプレスラインがあり、フェンダーまわりに強いボリュームを持たせている。拡大
こちらは先代「フォレスター」のフロントフェンダー。現行型と比べると、ボリューム感、強さ感がずいぶんと違う。
こちらは先代「フォレスター」のフロントフェンダー。現行型と比べると、ボリューム感、強さ感がずいぶんと違う。拡大

強さは出ているんだけど……

明照寺彰(以下、明照寺):昔からですけど、ヒット車の次期型はデザインするのが非常に難しい。どうしても保守的になりますから。前のフォレスターは、北米を中心にヒットしましたよね。だから、なかなかガラッと変えるのは難しかったんだろうと思います。それに、こうやって少しずつ進化させるデザインのやり方については、個人的に肯定的ではあるんです。「ポルシェ911」みたいに。

永福ランプ(以下、永福):新型フォレスター、進化してますか?

明照寺:進化のポイントというかデザイナーの意図は、おそらく硬質な面やボリュームのあるフェンダーなどで、先代より“強さ”を出そうとしたことにあるんじゃないでしょうか。

永福:強そうになってますかねぇ。

明照寺:新型と先代を比べると、見分けがつきづらいのも確かですけど(笑)、先代のほうがタイヤが大きく感じませんか?

永福:うーん、そう言われれば。

明照寺:タイヤのサイズはあまり変わらないはずなんだけど、新型のほうが少し小さめに見えるでしょう。

ほった:(カタログを調べつつ)あんまりじゃなくて、タイヤサイズ、まったく変わってないですね。先代も新型も225/60R17か225/55R18です。

明照寺:新型の方が前後のオーバーハングが“重たい”から、その分タイヤが小さく見えるんですよ。

ほった:新型のフロントは、特に四角張って見えますしね。

明照寺:先代より顔が大きいのは確かです。

永福:それはバランスが崩れたってことじゃないんですか。

明照寺:プラス、フェンダーの断面も先代より“強さ”を出していますね。結局、ボディーのボリュームがかなり高いところにあるんですよ。その分、タイヤとボディーのボリュームのある部分との距離が長くなって、タイヤが小さく見えてしまう。デザイン的にはそこがもったいないですね。

明照寺 彰(めいしょうじ あきら)

明照寺 彰(めいしょうじ あきら)

さまざまな自動車のデザインにおいて辣腕を振るう、現役のカーデザイナー。理想のデザインのクルマは「ポルシェ911(901型)」。

永福ランプ(えいふく らんぷ)
大乗フェラーリ教の教祖にして、今日の自動車デザインに心を痛める憂国の士。その美を最も愛するクルマは「フェラーリ328」。

Clubpymeほった(うぇぶしーじー ほった)
当連載の茶々入れ&編集担当。デザインに関してはとんと疎いが、とりあえず憧れのクルマは「シェルビー・コブラ デイトナクーペ」。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 新型スバル・フォレスター(国内仕様車) 2018.5.18 画像・写真 新型「スバル・フォレスター」の販売が2018年夏にスタート! その姿を写真で紹介する。
  • スバル・フォレスター ツーリング(4WD/CVT)【試乗記】 2018.10.23 試乗記 現行型「スバル・フォレスター」の“素”の実力を確かめるべく、ベースグレード「ツーリング」に試乗。気持ちのいいエンジンや快適な乗り心地、使う人のことを考えた安全装備と各部の使い勝手などに、新しくなったフォレスターの底力を感じた。
  • 「ヤマハSR400」が復活 40周年記念限定車も登場 2018.9.14 自動車ニュース ヤマハ発動機は2018年9月14日、2017年に生産終了した「SR400」を「二輪車平成28年排出ガス規制」に適合させ、同年11月22日から再販売すると発表した。同時に、発売40周年記念モデル「SR400 40th Anniversary Edition」も500台限定で販売する。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】
    2017.7.17 試乗記 新型へとフルモデルチェンジした「スバルXV」。新開発の2リッターエンジンを搭載した最上級グレード「2.0i-S EyeSight」に試乗し、スバルの人気クロスオーバーの実力と、従来モデルからの進化のほどを確かめた。
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2018.12.5 試乗記 メルセデス・ベンツのフラッグシップサルーン「Sクラス」に、ディーゼルのストレート6を搭載する「S400d」が登場。快音を発するトルキーなエンジンと絶妙の足まわりが実現するその走りは、古典的なクルマ好きをもうならせる味わいに満ちていた。
ホームへ戻る