これから売れる新ジャンル!?
「レクサスUX」について企画担当者に聞く

2018.11.30 デイリーコラム

たまたま時代にマッチした

2018年3月のジュネーブモーターショーに出展されてから半年と少々。レクサスのニューモデル「UX」が、世界に先駆けて日本で発売された。

現在レクサスの売れ筋となっているのは、SUVの「RX」に「NX」。“X”付きのコンパクトモデルであるUXもそれらの弟分として……と思ったら、そもそもこのクルマ、「SUVではない」らしい。

「SUVとは言いたくないんです。クロスオーバーモデルという位置づけでして」と照れ笑いするのは、製品企画を担当する江本光輝さん。一体何のクロスオーバー(=交差、越境、混在)かといえば、いわゆるハッチバック車とSUVのよさを併せ持つ、というのが真意だそうだ。

トヨタでは、2014年ごろから市場のリサーチを始め、ほそぼそとUXの開発を進めてきた。

「そもそもマーケットにないところ、つまり新ジャンルを開拓したいという思いで取り組んできました。そして、それがちょうど時代にマッチしてきた。今後はこういったところがトレンドになってくるのかな、という考えはありますね」

直接のライバルはいないのかといえば、そんなこともない。市場ではBMWの「X1」や「X2」、アウディの「Q3」、そしてメルセデスの「GLA」など、比較的コンパクトで背の低いSUV系と争うことになる。

たしかにレクサスには「背の低いコンパクト」はなかったような……。「いやいや、ハッチバックの『CT200h』がありますからね」と江本さんはおっしゃるが、事実上“終了”へと向かっていやしないか……。それに、今回クロスオーバーの要素とされているSUVでは、「高いところから周囲が見える」のが大事なセリングポイントになるはず。

「その通りです。“低さ”は視界のよさに影響してしまう。ですが、新開発プラットフォームのおかげでUXはインストゥルメントパネルも低くできた。着座位置は低めでも、意外に視界がいい。つまり”見晴らしのよさ”は確保されているんです」と、江本さんは、わが意を得たりの様子。乗り降りのしやすさや、小回り性、取り回し性もUXのセリングポイントだ。5.2mの最小回転半径は、前述のCT200hと同じ値である。

新型クロスオーバー「レクサスUX」の開発コンセプトは“Creative Urban Explorer”。ユーザーの新たなライフスタイルを探求するきっかけ=「CUE(キュー)」になることが目標とされている。
新型クロスオーバー「レクサスUX」の開発コンセプトは“Creative Urban Explorer”。ユーザーの新たなライフスタイルを探求するきっかけ=「CUE(キュー)」になることが目標とされている。拡大
ボディーサイズは全長×全幅×全高=4495×1840×1540mmで、ホイールベースは2640mm。最低地上高は160mmが確保されている。
ボディーサイズは全長×全幅×全高=4495×1840×1540mmで、ホイールベースは2640mm。最低地上高は160mmが確保されている。拡大
前方への“抜けのよさ”を意識してデザインされたインテリア。インフォテインメントシステムの操作デバイス開発については、「スマートフォン全盛の時代、何をやっても社内で賛否両論」だとか。
前方への“抜けのよさ”を意識してデザインされたインテリア。インフォテインメントシステムの操作デバイス開発については、「スマートフォン全盛の時代、何をやっても社内で賛否両論」だとか。拡大
今回お話を伺った、レクサスインターナショナルの製品企画担当者、江本光輝さん。レクサスの重要な市場でもあるアメリカに2011年から2015年まで駐在した経験があり、かの地におけるクルマの使われ方は熟知しているという。
今回お話を伺った、レクサスインターナショナルの製品企画担当者、江本光輝さん。レクサスの重要な市場でもあるアメリカに2011年から2015年まで駐在した経験があり、かの地におけるクルマの使われ方は熟知しているという。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスUX200プロトタイプ/UX250hプロトタイプ【海外試乗記】 2018.9.17 試乗記 世界的な激戦区となっているCセグメント級SUVのカテゴリーに「レクサスUX」が登場。新開発のパワーユニットが話題だが、ガソリンモデルも魅力的な仕上がりに。細やかな心配りが随所に見られるニューモデルは、レクサスらしい穏やかな気配をまとっていた。
  • これから売れる新ジャンル!?
    「レクサスUX」について企画担当者に聞く
    2018.11.30 デイリーコラム レクサスの新型クロスオーバー「UX」は、日本をはじめとする世界の市場で成功するか? 製品としてのねらいや工夫のしどころを、同ブランドの企画担当者に聞いてみた。
  • レクサスUX250h 2018.11.27 画像・写真 欧州のコンパクトSUVと市場を分かつ、レクサスのニューモデル「UX」。国内でラインナップされるガソリンエンジン車とハイブリッド車のうち、後者の姿を写真で紹介する。
  • レクサスの新型クロスオーバー「UX」デビュー 2018.11.27 自動車ニュース トヨタ自動車は2018年11月27日、レクサスブランドのコンパクトクロスオーバー「UX」を発売した。同車は新開発の2リッターエンジンまたはハイブリッドユニットを搭載。欧州メーカーのコンパクトSUVと市場を分かつことになる。
  • 「レクサスUX」の発表会場から 2018.11.27 画像・写真 レクサスのコンパクトクロスオーバー「UX」がデビュー。東京都内で記者発表会が開催された。さまざまなボディーカラーのハイブリッドモデルが展示された会場の模様を、写真とともにリポートする。
ホームへ戻る