したたかなルノーの象徴
渦中の人、カルロス・ゴーン氏を語る

2018.12.03 デイリーコラム

信頼できる情報は公式発表だけ

私は「有罪と立証・判定されるまでは推定無罪」なる“法善説”を信じています(もっとも、今の日本で通用するか……)。また、名前の後に“容疑者”と付けるメディアの慣習も嫌いです。

カルロス・ゴーン氏は、日産の、次の株主総会までは同社の取締役です。
そして、フランス時間2018年11月20日のルノー取締役会公式発表(英語版)の一部拙訳を掲載すると、

「日本におけるカルロス・ゴーン氏に対しての法的手段について、フィリップ・ラガエット主席独立取締役を議長として取締役会を開催した。現段階において、当取締役会はゴーン氏に対し、日産と日本法務権威機関が収集したとする証拠について言及することができない」
「ゴーン氏は、臨時的に行動不能にされているが、会長、CEO に留任する」
「当取締役会は、ルノー会長・CEO代行を任命し、日産に対し、アライアンス精神に基づき、ゴーン氏に関し内部調査で得た情報を提供するよう求める決定をした」

現状では、これがルノー側の公式な見解のすべてです。

さて、編集部からはルノーと日産の本件に対する対応、アライアンスの今後について書くよう求められていますが、両社の公式発表以外に信用に足る情報はありません。無論、まだ法務権威当局からの“公表”は望むべくもありません。マスメディアには恐らく“関係者”や“周囲”がヒントや情報を与えているのでしょうが、公式には依然として「差し控えさせていただきます」なる今年の流行文句を思い出させる回答にとどまっています。現状では、何を言っても推測、妄想の域を出ないでしょう。

ただ、もし日産とルノーの関係が本当に流動的となったのなら、ルノー(とフランス)は幾多の波乱を乗り越え、生き延び、機会(日産、サムソンなど)を捉え、切るは切って現在に至った賢者であり猛者です。日産は政治、外交、経済、経営、技術の全知全能を尽くし、冷や汗を含む汗を流し、取り組む覚悟が必須でしょう。

元日産自動車会長のカルロス・ゴーン氏。
元日産自動車会長のカルロス・ゴーン氏。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事