【LAショー2018】アウディ、第3のフルEV「e-tron GTコンセプト」を発表

2018.11.29 自動車ニュース
ポルシェとの共同開発となるEV「アウディe-tron GTコンセプト」。LAショーで初公開された。
ポルシェとの共同開発となるEV「アウディe-tron GTコンセプト」。LAショーで初公開された。拡大

独アウディは2018年11月28日(現地時間)、アメリカ・ロサンゼルスモーターショーで量産を前提とした電気自動車(EV)「e-tron(イートロン)」シリーズの第3弾となる、4ドアクーペの「e-tron GTコンセプト」を世界初公開した。

「アウディe-tron GTコンセプト」は、4ドアクーペのボディースタイルを採用。駆動方式はトルクベクタリング付きのクワトロシステムとなる。
「アウディe-tron GTコンセプト」は、4ドアクーペのボディースタイルを採用。駆動方式はトルクベクタリング付きのクワトロシステムとなる。拡大
現在市販車に採用されているインテリアを、EVモデルとしてさらに進化させたシンプルなデザインを採用。
現在市販車に採用されているインテリアを、EVモデルとしてさらに進化させたシンプルなデザインを採用。拡大
キャビンはフル4シーターのレイアウトを採用している。
キャビンはフル4シーターのレイアウトを採用している。拡大
リチウムイオンバッテリーは、90kWh以上の容量を備え、航続距離はWLTPモードで400kmを超えるという。
リチウムイオンバッテリーは、90kWh以上の容量を備え、航続距離はWLTPモードで400kmを超えるという。拡大

今回登場した「e-tron GTコンセプト」は、すでに生産が開始されている「e-tron SUV」、2019年に登場する予定の「e-tronスポーツバック」に続く、量産を前提とした3番目のフルEVで、ポルシェとの共同開発によって生まれたコンセプトカーだ。4ドアクーペのスタイリングを採用するボディーはカーボン製のルーフとアルミ製のコンポーネントからなり、サイズは全長×全幅×全高=4960×1960×1380mmとなっている。

2つのモーターを持つパワーユニットは、システム最高出力590psを発生。前後アクスルそれぞれにモーターを搭載し、駆動方式はトルクベクタリング付きのクワトロシステム(4WD)を採用する。

航続距離を最大化するために最高速度は240km/hに制限されるが、将来的には0-100km/h加速が約3.5秒、0-200km/h加速は12秒で完了するパフォーマンスを持つとアウディは説明している。

搭載されるリチウムイオンバッテリーは、90kWh以上の容量を備え、航続距離はWLTPモードで400kmを超えるという。800Vの充電システムに対応し、有線による充電では、約20分でバッテリー容量の約80%のチャージが可能。「アウディワイヤレスチャージング」と呼ばれる、非接触充電も行えるようになっている。

エネルギー回生システムによって最大で30%航続距離を伸ばすことが可能となり、0.3G以下の減速時には、電気モーターだけがエネルギー回生を担当。これは、すべての減速シーンにおける90%以上に相当するという。従来型のブレーキ(高性能セラミックディスクを装備)はドライバーがブレーキペダルを踏んで、0.3Gを超える減速が発生したときにのみ使用するのも、この「e-tron GTコンセプト」が持つ特徴のひとつといえるだろう。

今回発表された「e-tron GTコンセプト」は、2020年末までに量産モデルとして登場する予定で、2021年初頭のデリバリー開始を予定している。さらにアウディとポルシェでは、プレミアムプラットフォームエレクトリック(PPE)呼ばれる、B~D量産セグメントをカバーするEVプラットフォームを共同で開発中。強力に電化を推し進めている。

(Clubpyme)
 

関連キーワード:
e-tron, アウディ, ロサンゼルスモーターショー2018, モーターショー, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・カローラ スポーツG“Z”(FF/6MT)【試乗記】 2018.11.22 試乗記 「トヨタ・カローラ スポーツ」の1.2リッターターボモデルに、新開発のレブマッチ機能付きマニュアルトランスミッション「iMT」搭載車が登場。その出来栄えを確かめつつ、今日に至るカローラの歴史に思いをはせた。
  • アウディe-tron(4WD)【海外試乗記】 2018.12.6 試乗記 2018年9月に、市販バージョンがアメリカで世界初公開された「アウディe-tron」。SUVスタイルのEV専用モデルがみせる走りは、内燃エンジン搭載車といったいどこが異なるのか。UAEの首長国アブダビでファーストコンタクトを行った。
  • ヤマハ・ナイケン(MR/6MT)【レビュー】 2018.12.1 試乗記 “3輪”でありながら、バンクしながらのスムーズな旋回を実現した「ヤマハ・ナイケン」。バイクならではのスポーティーな走りと、他の二輪車とは一線を画すスタビリティーの両立はどのような技術でかなえられたのか? 独特なライディングフィールとともに報告する。
  • 2代目となる新型「レンジローバー イヴォーク」がデビュー 2018.11.23 自動車ニュース 英ジャガー・ランドローバーが新型「レンジローバー イヴォーク」を発表した。デザインは従来モデルのクーペスタイルをよりモダンに進化させたもの。シャシーには新世代のエンジン横置きプラットフォームを採用しており、将来的にはPHEVの導入も予定している。
  • 「モデル3」は買いか否か?
    日本市場のテスラについて聞く
    2018.11.16 デイリーコラム 国内での発売時期が見えてきた「テスラ・モデル3」。コンパクトでリーズナブルなテスラは、すばり“買い”なのか? ちまたでうわさされているブランドの将来性も含め、日本法人・テスラジャパンで話を聞いた。
ホームへ戻る