あのハーレーから電動バイクが登場!
二輪車に見るパワートレイン電動化の現状

2018.12.05 デイリーコラム

“電気で走る”だけじゃない

ハーレーダビッドソンが奏でる排気音のことを、アメリカのバイカーたちは親しみを込めて「ポテトサウンド」と呼ぶ。アイドリング時の3拍子が「Po…tato, Po…tato」と聞こえるからだ。チンチン電車やポンポン船と同じ理屈である。なによりメーカー自身もそこにブランド価値を見いだし、排気音そのものを米国特許商標庁に申請。実際にそれが認められて商標登録されるなど、アイデンティティーのひとつになっている。

こうした音に加え、鼓動や匂い、手触りといったアナログ感を大切にしてきたのがハーレーダビッドソンだが、実はまったく別のもうひとつの顔がある。それが真逆ともいえる電動化への積極的な姿勢だ。

二輪車は、四輪車と異なり、実用性よりも趣味性で成り立っている世界だ。それゆえ、電動化には消極的なメーカーが多いのだが、ハーレーダビッドソンは2014年の時点でスポーツバイク然とした電動モデルのコンセプト「ライブワイヤ」を発表し、世界各地で試乗会を開催。ジャーナリストはもちろん、一般ライダーの声も拾い上げながら市販化に向けた開発を進めてきた。

それから4年がたち、先頃イタリアで開催された「EICMA(ミラノショー)」でついに市販予定モデルを披露。2019年中に発売されることが正式にアナウンスされた。具体的なスペックや価格は2019年1月に発表されるとのことなので、もう少し待たなければいけないが、トラクションコントロールや7種類ものライディングモードのほか、アルミフレーム、フルアジャスタブルサスペンション、ブレンボのブレーキキャリパーといった装備が高いスポーツ性を感じさせる。2014年の時点で最高出力は74psと公称され、0-60mph(約96km/h)加速も4秒弱を記録していたことを踏まえると、スペックに対する期待値は高い。

ハーレーダビッドソン・ライブワイヤ
ハーレーダビッドソン・ライブワイヤ拡大
通常のバイクでは給油口のある場所に、バッテリーの充電口が。
通常のバイクでは給油口のある場所に、バッテリーの充電口が。拡大
低重心化のため、モーターはボディー下部に搭載される。
低重心化のため、モーターはボディー下部に搭載される。拡大
ハーレーではEVでも走る楽しさを実現するため、サウンド発生装置を開発中とのこと。「ライブワイヤ」も「Potato, Potato……」と言いながら走るのだろうか。
ハーレーではEVでも走る楽しさを実現するため、サウンド発生装置を開発中とのこと。「ライブワイヤ」も「Potato, Potato……」と言いながら走るのだろうか。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事