「ダイハツ・タント」に充実装備の特別仕様車が登場

2018.12.03 自動車ニュース
ダイハツ・タントX“VS SA III”
ダイハツ・タントX“VS SA III”拡大

ダイハツ工業は2018年12月3日、軽トールワゴン「タント」に特別仕様車「VSシリーズ」を設定し、販売を開始した。

LEDヘッドランプ
LEDヘッドランプ拡大
「タントX“VS SA III”」のインストゥルメントパネルまわり。
「タントX“VS SA III”」のインストゥルメントパネルまわり。拡大
「タントX“VS SA III”」のシート。
「タントX“VS SA III”」のシート。拡大
タント カスタムX“トップエディションVS SA III”
タント カスタムX“トップエディションVS SA III”拡大
フロントグリルLEDイルミネーション
フロントグリルLEDイルミネーション拡大
「タント カスタムX“トップエディションVS SA III”」のインストゥルメントパネルまわり。
「タント カスタムX“トップエディションVS SA III”」のインストゥルメントパネルまわり。拡大
「タント カスタムX“トップエディションVS SA III”」のシート
「タント カスタムX“トップエディションVS SA III”」のシート拡大
タント カスタムRS“トップエディションVS SA III”
タント カスタムRS“トップエディションVS SA III”拡大
「タント カスタムRS“トップエディションVS SA III”」のインストゥルメントパネルまわり。
「タント カスタムRS“トップエディションVS SA III”」のインストゥルメントパネルまわり。拡大
「タント カスタムRS“トップエディションVS SA III”」のシート。
「タント カスタムRS“トップエディションVS SA III”」のシート。拡大

今回の特別仕様車は、「X“VS SA III”」「カスタムX“トップエディションVS SA III”」「カスタムRS“トップエディションVS SA III”」の3モデルで、いずれも内外装の特別装備や右側パワースライドドアなどの採用が特徴となっている。

具体的な仕様は以下の通り。

【X“VS SA III”】
「X“SA III”」をベースに以下の装備を採用。

  • ブラックインテリアパック(ブラックインテリア<シート表皮[フルファブリック]/インストゥルメントパネル/ドアトリム>+メッキエアコンレジスターノブ+エアコンセンターレジスターリング<シルバー加飾付き>+メッキインナードアハンドル<運転席/助手席>+SRSサイドエアバッグ<運転席/助手席>)
  • プレミアムシャインブラックセンタークラスター(シャドウフロー柄)
  • 自発光式大型3眼センターメーター(タコメーター付き)
  • プレミアムシャインブラック&ファブリックドアアームレスト(運転席/助手席)
  • 14インチアルミホイール(VS専用)
  • LEDヘッドランプ(ロービーム、オートレベリング機能付き)
  • 右側パワースライドドア(ワンタッチオープン機能、予約ロック機能付き)
  • パノラマモニター対応純正ナビ装着用アップグレードパック

【カスタムX“トップエディションVS SA III”】
「カスタムX“トップエディションSA III”」をベースに以下の装備を採用。

  • フロントグリルLEDイルミネーション(ホワイト)
  • 右側パワースライドドア(ワンタッチオープン機能、予約ロック機能付き)
  • パノラマモニター対応カメラ

【カスタムRS“トップエディションVS SA III”】
「カスタムRS“トップエディションSA III”」をベースに以下の装備を採用。

  • フロントグリルLEDイルミネーション(ホワイト)
  • 15インチアルミホイール(VS専用)
  • パノラマモニター対応カメラ

このほかにも、ボディーカラーには3モデルともに「レーザーブルークリスタルシャイン」をオプション設定している。

価格は以下の通り。

  • X“VS SA III”(FF):148万5000円
  • X“VS SA III”(4WD):160万9200円
  • カスタムX“トップエディションVS SA III”(FF):163万0800円
  • カスタムX“トップエディションVS SA III”(4WD):175万5000円
  • カスタムRS“トップエディションVS SA III”(FF):169万5600円
  • カスタムRS“トップエディションVS SA III”(4WD):181万9800円

(Clubpyme)

関連キーワード:
タント, タントカスタム, ダイハツ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバス徹底解説 2016.9.7 ムーヴ キャンバス Debut!<PR> 2016年9月7日にデビューした、ダイハツの新型軽自動車「ムーヴ キャンバス」。室内のあちこちに設けられた“使える収納”に、さまざまなシートアレンジ、そして17種類におよぶカラーバリエーションなど、“新感覚スタイルワゴン”の見どころを、写真とともに紹介する。
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバスX“リミテッド メイクアップ SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2016.11.16 試乗記 ダイハツから、「タント」より少し背の低い“ミニバス”「ムーヴ キャンバス」が登場。「置きラクボックス」や「パノラマモニター」を初採用した新型軽の印象は? ストライプスカラーが映える「X“メイクアップ リミテッド SA II”」に試乗した。
  • ダイハツ・ミラ トコットG“SA III”(FF/CVT)【試乗記】 2018.10.27 試乗記 ダイハツから新型軽自動車「ミラ トコット」が登場。従来の女性向けモデルのあり方を問い直し、徹底してシンプルさを追求したというそのカタチは、クルマ好きにどう映るのか? 自らを“オッさん”と称する筆者が、その魅力を探った。
  • ルノー・メガーヌ ルノースポール(FF/6AT)【試乗記】 2018.9.8 試乗記 “FF最速”の称号を賭け、日独のライバルとしのぎを削るフランスの高性能ホットハッチ「ルノー・メガーヌ ルノースポール」。その新型がいよいよ日本に導入された。よりマニア度を増した足まわりと、新開発の直噴ターボエンジンが織り成す走りを報告する。
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバスG“メイクアップ SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2016.10.7 試乗記 ダイハツから、“新感覚スタイルワゴン”をうたう新型軽「ムーヴ キャンバス」が登場。試乗してみると、愛らしいルックスの向こうに、ユーザーの生活を考え抜いた真面目で地道なクルマ作りが見えてきた。
ホームへ戻る