第38回:ミニバン文化の発展
広さと走りの両立に挑んだ25年

2018.12.06 自動車ヒストリー 世界的にもユニークな日本のミニバン文化は、どのように生まれ、どのような変遷をたどって今日に至ったのか。その歴史を、1994年に登場したエポックメーカー「ホンダ・オデッセイ」にまつわる数奇なエピソードとともに紹介する。

5代目オデッセイの変貌

2013年のホンダ・オデッセイのフルモデルチェンジは、時代の移り変わりを強く印象づけるものとなった。5代目は1994年の初登場以来維持してきた4枚ヒンジドアを廃止し、左右のリアドアにスライド式を採用。3代目、4代目の特徴だった“タワーパーキングに入る”ボディー形状とも決別し、全高は約1700mmに高められた。外観は他社の売れ筋ミニバンとほとんど変わらない。消費者がミニバンに求める要素は、20年足らずの間に大きく変化したのだ。

“ミニバン”とは、文字通り“小さいサイズのバン”を意味する。バンは貨物車から主に乗客を乗せるMPV(マルチ・パーパス・ヴィークル)までを含む広い概念だ。本場アメリカでフルサイズのバンといえば、全長5メートル以上、全幅と全高は2メートルにも達する巨大な箱型のクルマである。だから、ミニバンといってもアメリカで売られているモデルは日本の感覚では相当に大きい。代表的な車種である「ダッジ・キャラバン」や「シボレー・アストロ」は、日本の道では持て余すサイズだった。

1970年代までの日本では、後ろに荷室のついたクルマをライトバンと呼ぶのが普通だった。あくまで商用車であり、レジャーを楽しむためのワゴンという概念そのものが存在しなかったのだ。1982年に発売された「日産プレーリー」は日本型ミニバンの始祖と考えられているが、当時のキャッチコピーは“びっくりBOXY SEDAN”である。耳慣れないミニバンなどという言葉を使っても消費者に伝わらないことは明らかだったので、苦心してひねり出した表現だったのだろう。

2013年11月に発売された5代目「ホンダ・オデッセイ」。従来モデルとは異なる、ボリューム感のあるボディー形状が話題を呼んだ。
2013年11月に発売された5代目「ホンダ・オデッセイ」。従来モデルとは異なる、ボリューム感のあるボディー形状が話題を呼んだ。拡大
2003年に登場した3代目(左上)と、2008年に登場した4代目「オデッセイ」(右下)。ともにFF車では1550mm以下という、機械式立体駐車場にも収まる低い車高が特徴だった。
2003年に登場した3代目(左上)と、2008年に登場した4代目「オデッセイ」(右下)。ともにFF車では1550mm以下という、機械式立体駐車場にも収まる低い車高が特徴だった。拡大
ミニバン発祥の地であるアメリカでは、「通常のバンより小さなバン」という意味でこのジャンル名が付けられた。日本では持て余すサイズの「シボレー・アストロ」(右から2番目)も、フルサイズバンと比べれば小柄に見える。
ミニバン発祥の地であるアメリカでは、「通常のバンより小さなバン」という意味でこのジャンル名が付けられた。日本では持て余すサイズの「シボレー・アストロ」(右から2番目)も、フルサイズバンと比べれば小柄に見える。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る