「スズキ・アルトラパン」にシックな仕立ての特別仕様車

2018.12.06 自動車ニュース
スズキ・アルトラパン モード
スズキ・アルトラパン モード拡大

スズキは2018年12月6日、軽乗用車「アルトラパン」に特別仕様車「MODE(モード)」を設定し、同日販売を開始した。

 
「スズキ・アルトラパン」にシックな仕立ての特別仕様車の画像拡大
 
「スズキ・アルトラパン」にシックな仕立ての特別仕様車の画像拡大
 
「スズキ・アルトラパン」にシックな仕立ての特別仕様車の画像拡大
 
「スズキ・アルトラパン」にシックな仕立ての特別仕様車の画像拡大
 
「スズキ・アルトラパン」にシックな仕立ての特別仕様車の画像拡大

落ち着きのある上質な内外装が魅力

アルトラパン モードは、ラパンのオーナー層の9割を占めるという女性ユーザーの中でも、仕立てのよさや大人っぽさ、落ち着いた雰囲気等を好む層をターゲットとした特別仕様車である。アルトラパンでは、初代においても2002年に同様のコンセプトの特別仕様車「モード」が設定されており、メッキパーツや木目調オーナメントを使用した内外装で人気を博した。

エクステリアについては、ウサギのマークをブルーとした専用の「Lapin」エンブレムや、専用メッキフロントグリル、メッキドアハンドル、「MODE」エンブレムなどを採用。ホイールキャップもシルバー/ホワイトのツートンカラーとなっており、オプションでウサギのマークをブルーメタリックとした仕様も用意している。

一方インテリアでは、エアコンルーバーをブラックとしたほか、インストゥルメントパネルにブラックパールのガーニッシュとヘリンボーン木目柄のオーナメントを採用。ネイビーのシートパイピングやファブリックシート表皮およびドアトリムクロス、同じくネイビーのフロアマットも、同車専用の仕様および装備となっている。

装備も充実しており、「ナノイー」搭載フルオートエアコン(エアフィルター付き)、一部をシルバー塗装としたシフトガーニッシュ、ステアリングオーディオスイッチ、助手席シートヒーター(FF車のみ)など、カタログモデルの最上級グレード「X」に準じた仕様となっている。

ボディーカラーは3種類のホワイト2トーンルーフ仕様を含め全8色。価格はFF車が135万3240円、4WD車は145万2600円。

(Clubpyme)

「スズキ・アルトラパン モード」のより詳しい写真はこちら

関連キーワード:
ラパン, スズキ, 自動車ニュース

スズキ ラパン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.4.7 試乗記 楽しいだけのクルマにあらず? 軽い車重にレスポンシブなエンジン、クロスレシオのMT、よく曲がるシャシーと、走りを楽しむために必要なもののすべてがそろった「スズキ・アルト ワークス」。久々に復活した、軽規格のスポーツモデルの魅力に触れた。
  • スズキ・アルト ワークス 2015.12.24 画像・写真 スズキから新型「アルト ワークス」登場。エンジンや足まわりなどに独自のチューニングが施されており、胸のすく力強い加速性能と、キビキビとした操縦性が追及されている。15年の時を経て復活した、軽規格の高性能スポーツモデルの詳細な姿を写真で紹介する。
  • BMW 330i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2019.3.28 試乗記 フルモデルチェンジで第7世代となった「BMW 3シリーズ セダン」に試乗。ずばり、新型は“買い”なのか? 先代「F30」型を日常の足とするモータージャーナリスト清水草一が、走りの印象を報告する。
  • ホンダS660ネオクラシック(MR/CVT)【試乗記】 2019.3.26 試乗記 「ホンダS660」ベースの着せ替えモデル「S660ネオクラシック」に試乗! コンセプトカーの登場から2年7カ月。ついに市販化されたドレスアップキットで、見た目や走りはどう変わったのか? 元“エスロク”オーナーが、乗って触って確かめた。
  • 「ホンダN-BOX」の牙城を崩せるのか
    新型「日産デイズ」と「三菱eKワゴン」の可能性は?
    2019.3.28 デイリーコラム パワートレインやプラットフォームを刷新したほか、先進安全装備も大幅に強化して登場した新型「日産デイズ」と「三菱eKワゴン/eKクロス」。王者「ホンダN-BOX」が君臨するマーケットで、果たして存在感を発揮することはできるのだろうか。
ホームへ戻る