DeNAが無料で乗れるタクシーサービスをスタート

2018.12.05 自動車ニュース
「0円タクシー」で実際に使われる「どん兵衛タクシー」
「0円タクシー」で実際に使われる「どん兵衛タクシー」拡大

ディー・エヌ・エー(DeNA)は2018年12月5日、乗客の利用料金が無料となる「0円タクシー」の運行を、東京都内で開始した。

ドアパネルにはおいしそうな“カップそば”のイメージがプリントされている。
ドアパネルにはおいしそうな“カップそば”のイメージがプリントされている。拡大
“あんどん”も特別なデザインとなっている。
“あんどん”も特別なデザインとなっている。拡大
インテリアも特別仕立て。シートやフロアマットには「MOV」や「どん兵衛」のロゴがプリントされている。
インテリアも特別仕立て。シートやフロアマットには「MOV」や「どん兵衛」のロゴがプリントされている。拡大
タクシー配車アプリ「MOV」の操作画面。
タクシー配車アプリ「MOV」の操作画面。拡大
今回の「どん兵衛タクシー」は、2018年12月31日の22時までの期間限定サービスだ。
今回の「どん兵衛タクシー」は、2018年12月31日の22時までの期間限定サービスだ。拡大

DeNAは同日、これまで神奈川県内で提供してきたタクシー配車サービスの利用可能地域を東京都内にまで拡大するとともに、同社のタクシー配車用スマートフォンアプリの名称を「タクベル」から「MOV(モブ)」へと変更。0円タクシーの取り組みは、これを記念した「プロジェクトMOV」の第1弾となるものだ。

0円タクシーの利用料金は、契約スポンサーとMOVの広告宣伝活動費によってまかなわれる。第1弾の今回は、食品大手の日清食品をスポンサーとし、同社の“カップそば”「どん兵衛」の車体ラッピングをまとった「どん兵衛タクシー」が街を走る。

0円タクシーの利用にはMOVアプリの利用が必須。アプリ起動後のタクシー会社選択画面でどん兵衛タクシーを選択すると、専用タクシーが迎えにきてくれる。乗車料金のみならず、迎車両金や有料道路通行料も無料となる。どん兵衛タクシーは全50台が用意され、0円タクシーのサービスは2018年12月31日の22時まで提供される。ただし、目的地が東京23区外となる場合は、通常通りの料金を請求されてしまうので注意が必要だ。

記者説明会でDeNAの中島 宏オートモーティブ事業本部長は、競合のタクシー配車アプリのシステムがあくまで電話による既存の配車システムの上に構築されているのに対し、MOVは独自のネットワークを利用するため配車・迎車時間が短いことや既存の配車システムとの並行運用が可能であることなど、同社の優位性を強調。また、“ながし”のタクシーの利用客を見つける効率が、乗務員のスキルに大きく依存していることを問題視しており、現在検証実験を進めている交通ビッグデータと人工知能(AI)を活用した運行効率向上システムを、2019年後半に導入する予定であることを説明した。

(Clubpyme)

あなたにおすすめの記事
新着記事