ボルボのセダンはこれからどうなる?
アメリカでの展開について考える

2018.12.14 デイリーコラム

大フォード撤退の一方で

世界の自動車デザインの潮流が、今やセダンからSUVへと移りつつあるというのは、あらためて述べるまでもない事柄である。販売の内訳を精査すると、「SUVの比率が急速に高まりつつある」というのも、昨今ではさまざまなブランドが異口同音に述べているフレーズだ。

実際、2018年春の決算発表の場で、歴史あるスポーツモデルである「マスタング」など一部の例外を除いて、「米国での乗用車販売を打ち切る」と衝撃的な発表を行ったフォードなど、合理化や収益向上を狙ってかなり急進的な動きを見せるブランドも現れている。

ちなみにアメリカでは、いわゆるSUVやミニバンは“ライトトラック”のカテゴリーに属する。“乗用車”といえばセダンやステーションワゴンがその主役で、すでにステーションワゴンのマーケットが消滅して久しい状況のかの地では、すなわち「フォードが北米市場でセダン販売から撤退する」と、かように報じられているわけだ。

一方、セダンの人気は下降線をたどりつつあるといっても、日本市場のような壊滅的な地域と比べればまだまだ大きな市場と表現できるのが、アメリカのセダンマーケットである。「トヨタ・カムリ」と「ホンダ・アコード」という日本発のセダン同士が長年にわたって、アメリカで乗用車のトップシェアをめぐる熾烈(しれつ)な戦いを続けているというのも、多くの人に知られていることである。

そんなカムリやアコード、さらには新型「ホンダ・シビック」というセダンを、少数のユーザーしか存在しない今の日本で選ぶことができるのは結果的に、現在でも多くの数が販売され続けているアメリカのセダンマーケットがあればこそといっても過言ではないはず。とはいえ、そうした中で「ボルボが新型『S60』の生産を、アメリカのサウスカロライナ州チャールストンに完成したばかりの工場で行う」というのは、驚きのニュースだった。

2018年6月にデビューした新型「ボルボS60」。2000年に登場した初代から数えて3代目にあたる。
2018年6月にデビューした新型「ボルボS60」。2000年に登場した初代から数えて3代目にあたる。拡大
ボルボが初めてアメリカ国内に建設した新工場。サウスカロライナ州のチャールストン郊外に位置する。
ボルボが初めてアメリカ国内に建設した新工場。サウスカロライナ州のチャールストン郊外に位置する。拡大
アメリカの新工場内で生産される「S60」。エンジンはスウェーデンの工場から輸入され、その他のパーツの多くはアメリカ国内で調達される。
アメリカの新工場内で生産される「S60」。エンジンはスウェーデンの工場から輸入され、その他のパーツの多くはアメリカ国内で調達される。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボS60 T6 AWD R-DESIGN/S60 T8ポールスターエンジニアード【海外試乗記】 2018.11.14 試乗記 日本にやって来るのはまだまだ先。とはいえ、快進撃をみせる新世代ボルボのミッドサイズセダンには要注目だ。アメリカ西海岸で試乗した新型「S60」の走りは果たして、あらためてこのブランドの勢いを感じさせるものだった。
  • ボルボV60 T5インスクリプション(FF/8AT)【試乗記】 2018.11.26 試乗記 2代目「S60」のステーションワゴン版として登場したボルボの「V60」がフルモデルチェンジを果たした。スポーツワゴン的な性格を持っていた初代に対し、こちらは「V90」の血筋を色濃く感じる内外装デザインが特徴だ。日本向けにこだわりをもって開発したという最新モデルの実力を探る。
  • ボルボのセダンはこれからどうなる?
    アメリカでの展開について考える
    2018.12.14 デイリーコラム アメリカ国内に新工場を建設し、セダン「S60」の生産と現地での販売に取り組むボルボ。大フォードが「北米市場におけるセダン販売からの撤退」を宣言したいま、なぜボルボはかの地での展開に力を入れるのだろうか?
  • ボルボV60クロスカントリー 2018.9.26 画像・写真 本格ワゴンに高い悪路走破性能をプラスした新型「ボルボV60クロスカントリー」が登場。「V60」より最低地上高は75mm高められており、標準で4WDシステムやヒルディセントコントロールなどが採用されている。新しい万能ワゴンの姿を写真で紹介する。
  • BMWアルピナB4 Sビターボ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2018.12.27 試乗記 ドイツの小さな自動車メーカー「アルピナ」が生産する市販車は、年間わずか1700台ほど。今回、車名に「S」を冠した「B4ビターボ」の高性能版クーペをワインディングロードに連れ出し、21世紀になった今も変わらず貴重な存在であり続ける、その魅力を味わってみた。
ホームへ戻る