クルマ好きなら毎日みてる Clubpyme 新車情報・新型情報・カーグラフィック

ジープ・チェロキー リミテッド(4WD/9AT)

幸せな悩み 2018.12.25 試乗記 ジープブランドのモデルラインナップにおいて、日本ではちょっと地味な立場の「チェロキー」だが、中身はなかなかの実力派SUVだ。旗艦モデル「グランドチェロキー」風のマスクを手にしただけでなく、パワーユニットにも手が入るほどの大規模な改良を受けた、最新モデルの出来栄えやいかに!?

3.2リッターV6からダウンサイジング

ジープ・チェロキーがマイナーチェンジした。アメリカでは月2万台ペースで売れているジープのベストセラーである。

チェロキーといえば、ボクシーなスタイルの2代目は1990年代後半に日本でもけっこう売れた。“RVブーム”だったこの当時、輸入SUVの世界もおもしろくて、ローバー・ジャパンは「レンジローバー」を500万円台まで値下げして“量販”を狙った。「ディスカバリー」は「三菱パジェロ」と競える300万円台で、同じクルマをホンダが「クロスロード」として売った。そのころに、ワイルドなジープテイストと、ぎりぎり200万円台の円高プライスで人気を博したのが2代目チェロキーだった。「今は昔」の話である。

現行モデルは2013年に登場した5代目。日本仕様はオンデマンド四駆だが、FFプラットフォーム(車台)とフルモノコックボディーを初めて採用したチェロキーである。フェイスリフトや安全/快適装備の充実を盛り込んだ今度のマイナーチェンジでは、エンジンの品ぞろえも変わった。これまでのクライスラー製3.2リッターV6がなくなり、FCA(フィアット・クライスラー)の2リッターと2.4リッターの2種類となった。今回試乗した上級モデル、「リミテッド」(479万円)用の2リッターターボ付きユニットは、「ラングラー アンリミテッド」にも搭載された新エンジンである。

従来型のフロントマスクを特徴付けていた細長いポジションランプは、ヘッドランプユニットと一体化され、「グランドチェロキー」似の顔つきとされた。
従来型のフロントマスクを特徴付けていた細長いポジションランプは、ヘッドランプユニットと一体化され、「グランドチェロキー」似の顔つきとされた。拡大
リアまわりの変更点は少ないが、フロントも含めてランプ類はすべてLED化されている。凹凸のない、のっぺりとしたデザインのアンダーガードが面白い。
リアまわりの変更点は少ないが、フロントも含めてランプ類はすべてLED化されている。凹凸のない、のっぺりとしたデザインのアンダーガードが面白い。拡大
今回テストしたのは、マイナーチェンジを記念した特別仕様車「ロンジチュード ファーストエディション」とともに先行発売されている「リミテッド」。エントリーグレード「ロンジチュード」と悪路走破性を高めた「トレイルホーク」は2019年春に発売予定。
今回テストしたのは、マイナーチェンジを記念した特別仕様車「ロンジチュード ファーストエディション」とともに先行発売されている「リミテッド」。エントリーグレード「ロンジチュード」と悪路走破性を高めた「トレイルホーク」は2019年春に発売予定。拡大

乗り込めば気分は浦島太郎

5代目チェロキーに乗るのは初めてである。この系統のジープで最後に試乗したのは、「リバティ」と呼ばれたダイムラー・クライスラー時代のコンパクトな3代目で、もう10年以上前のことだ。

そんな前歴だから、最新チェロキーに乗り込むと、浦島太郎気分になった。デッカくて豪華だ。ボディー外寸は、「BMW X3」「ボルボXC60」あたりに近い。輸入SUVとしてはコンパクトな部類だが、キャビンはゆったり広い。

ダッシュボードをはじめとする内装の品質感も高い。ボルボXC60のようによそゆきのめかし込んだ雰囲気はないが、気の置けないリビングルームという感じだ。たっぷりした座面のリアシートも見晴らしがよくて居心地がいい。アメ車の革はあまり匂わないはずだが、車内にはレザーシートの芳香が漂う。アメリカでも、グランドチェロキーより売れているのがわかるような気がする。

走りは、なめらかだ。ゴツゴツした硬さがない。四駆SUVの中でも、乗り心地のいいクルマである。走りだしてからしばらくして、気づいた。なめらかで気持ちのいい乗り味には、このエンジンも大きく貢献している。

テスト車のインテリアカラーは、「グラナイトクリスタルメタリック」のボディーカラーのみと組み合わされる「ブラック/スキーグレー」。
テスト車のインテリアカラーは、「グラナイトクリスタルメタリック」のボディーカラーのみと組み合わされる「ブラック/スキーグレー」。拡大
スキーグレーのシート表皮は、しっとりとした風合いが心地いい。「リミテッド」ではヒーター/ベンチレーション機能も標準で備わる。
スキーグレーのシート表皮は、しっとりとした風合いが心地いい。「リミテッド」ではヒーター/ベンチレーション機能も標準で備わる。拡大
センターコンソールにはドライビングプロファイル機能「セレクトラック」の操作ダイヤルが備わる。走行モードは「オート」「スノー」「スポーツ」「サンド/マッド」の全4種類。
センターコンソールにはドライビングプロファイル機能「セレクトラック」の操作ダイヤルが備わる。走行モードは「オート」「スノー」「スポーツ」「サンド/マッド」の全4種類。拡大

エンジンを回して楽しめるジープ

チェロキー リミテッドのエンジンは、ラングラーの4ドアと同じ直噴2リッター4気筒ターボである。ラングラーが縦置きであるのに対して、チェロキーは横置きという違いはあるが、元祖ジープ直系のラングラーを若返らせたこのエンジンは、チェロキーでもいい仕事をしている。

272psのパワーは十分以上で、1840kgのボディーに静かな快速を与えている。ZF製の9段ATは、Dレンジでもけっこう引っ張る。シフトインジケーターを見ていると、60km/hでやっと6速に上がる感じだ。早め早めに高いギアに上げて空走させるのではなく、スロットルオフではいつも適度にエンジンブレーキを効かせてくれる。車重の重いクルマをゴーストップの多い街なかで使うにはありがたい躾けだ。

一方、セレクターをMTモードに入れれば、自動シフトアップなしのホールドで回しきれる。オンロードの山道では“エンジンを回して楽しめるジープ”である。しかも、高回転まで回すと、けっこうイイ音を聴かせる。それもそのはず、FCAのグローバルミディアムユニットといえば、アルファ・ロメオの「ステルヴィオ」や「ジュリア」に使われている2リッターターボと血を分けたエンジンではないか。80.0×90.0mmのボア×ストロークも同一だ。

約320kmを走って、燃費は8.5km/リッターだった。とくべつ好燃費とはいえないが、レギュラーガソリン指定であるのはうれしい。

今回のマイナーチェンジで緊急自動ブレーキの検知対象が歩行者にまで拡大されたほか、縦列駐車時などに車両側面の障害物を検知する機能が全車標準装備となった。
今回のマイナーチェンジで緊急自動ブレーキの検知対象が歩行者にまで拡大されたほか、縦列駐車時などに車両側面の障害物を検知する機能が全車標準装備となった。拡大
「リミテッド」に搭載される2リッター直4ターボエンジンは、シリンダーヘッドやブロックがアルミ製のため、軽量であるのも特徴。3.2リッター時代のリミテッドと比べると、車両重量が50kgほど軽くなっている。
「リミテッド」に搭載される2リッター直4ターボエンジンは、シリンダーヘッドやブロックがアルミ製のため、軽量であるのも特徴。3.2リッター時代のリミテッドと比べると、車両重量が50kgほど軽くなっている。拡大
インフォテインメントシステムは「Apple CarPlay」と「Android Auto」に対応した、最新世代のものにアップデートされている。
インフォテインメントシステムは「Apple CarPlay」と「Android Auto」に対応した、最新世代のものにアップデートされている。拡大

乗る人をリラックスさせる

街なかを走っていると、ときどき「ポコッ」という電子音がした。最後は自動ブレーキを踏んでくれる新安全装備の警報音だが、何を警戒したのか、ちょっとよくわかんないことが多かった。

ACC(アダプティブクルーズコントロール)の追従機能は、自動停止までやってくれるフルスペックだ。なのに、単なる定速走行装置の従来型クルーズコントロールも併存している。というか、ハンドルのスポークに付くスイッチはクルーズコントロールのほうが扱いやすい位置にある。アメリカの空いたフリーウェイでは、そっちだけで十分というユーザーも多いのかもしれない。ACCをセットして前のクルマをロックオンすると、目の前の液晶ディスプレイに前走車のマークが出る。それがカーキ色の「ミリタリー ジープ」なのがおかしい。

新型チェロキー リミテッドは好感の持てる中型実用SUVである。「走る、曲がる、止まる」の偏差値は高いが、「よすぎて苦しい」ことはない。乗る人をリラックスさせるオーラは、アメ車ならでは、ジープならではだ。ジープ指名買いの人にとって最大のライバルは、同じエンジンを積むラングラー アンリミテッドだろう。ラダーフレームのラングラーで思い切ってデジタルデトックスまで行くか、それとも現実路線でチェロキーを取るか、それは生き方の問題です。

(文=下野康史<かばたやすし>/写真=向後一宏/編集=藤沢 勝)

「リミテッド」の駆動方式は、FFをベースとしたオンデマンド式4WD。
「リミテッド」の駆動方式は、FFをベースとしたオンデマンド式4WD。拡大
右側のステアリングスポークにはアダプティブクルーズコントロールとクルーズコントロールの操作スイッチがそれぞれレイアウトされている。
右側のステアリングスポークにはアダプティブクルーズコントロールとクルーズコントロールの操作スイッチがそれぞれレイアウトされている。拡大
「リミテッド」のタイヤサイズは225/55R18が標準。テスト車にはミシュランのコンフォートタイヤ「プライマシー3」が装着されていた。
「リミテッド」のタイヤサイズは225/55R18が標準。テスト車にはミシュランのコンフォートタイヤ「プライマシー3」が装着されていた。拡大

テスト車のデータ

ジープ・チェロキー リミテッド

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4665×1860×1725mm
ホイールベース:2720mm
車重:1840kg
駆動方式:4WD
エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ
トランスミッション:9段AT
最高出力:272ps(200kW)/5250rpm
最大トルク:400Nm(40.8kgm)/3000rpm
タイヤ:(前)225/55R18 98V/(後)225/55R18 98V(ミシュラン・プライマシー3)
燃費:10.4km/リッター(JC08モード)
価格:479万円/テスト車=482万4560円
オプション装備:フロアマット(3万4560円)

テスト車の年式:2018年型
テスト開始時の走行距離:724km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(2)/高速道路(7)/山岳路(1)
テスト距離:325.7km
使用燃料:38.3リッター(レギュラーガソリン)
参考燃費:8.5km/リッター(満タン法)/9.3km/リッター(車載燃費計計測値)

ジープ・チェロキー リミテッド
ジープ・チェロキー リミテッド拡大
 
ジープ・チェロキー リミテッド(4WD/9AT)【試乗記】の画像拡大
注目の記事PR
注目の記事一覧へ
この記事を読んだ人が他に読んだ記事

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『Clubpyme』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

ジープ チェロキー の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事
www.zaraz.org.ua

Велосипед Trek

Clubpymeの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。