ホンダ、「ステップワゴン モデューロX」のハイブリッドモデルを発売

2018.12.20 自動車ニュース
ホンダ・ステップワゴン ハイブリッド モデューロX Honda SENSING
ホンダ・ステップワゴン ハイブリッド モデューロX Honda SENSING拡大

本田技研工業は2018年12月20日、ミニバン「ステップワゴン」をベースとしたコンプリートカー「ステップワゴン モデューロX」をマイナーチェンジし、販売を開始した。

ハイブリッド車に採用される専用17インチアルミホイール。
ハイブリッド車に採用される専用17インチアルミホイール。拡大
リアまわりでは、専用リアロワディフューザーや専用リアエンブレム(ダーククロームメッキ)などを採用している。
リアまわりでは、専用リアロワディフューザーや専用リアエンブレム(ダーククロームメッキ)などを採用している。拡大
「ステップワゴン モデューロX」が採用する専用サスペンション。
「ステップワゴン モデューロX」が採用する専用サスペンション。拡大
インテリアはブラックとシルバーを基調としたカラーリングで仕立て、専用ステアリングホイール、専用インパネミドルパッドを採用している。
インテリアはブラックとシルバーを基調としたカラーリングで仕立て、専用ステアリングホイール、専用インパネミドルパッドを採用している。拡大
「ステップワゴン モデューロX」に採用される専用ブラックコンビシート(プライムスムース×ソフトウィーブ/Modulo Xロゴ入り)。
「ステップワゴン モデューロX」に採用される専用ブラックコンビシート(プライムスムース×ソフトウィーブ/Modulo Xロゴ入り)。拡大

「モデューロX」は、ホンダの純正アクセサリーメーカーであるホンダアクセスのカスタマイズパーツを、生産過程で装着して販売するコンプリートカーである。

今回のマイナーチェンジでは、従来のガソリン車に加えて、新たにハイブリッド車を設定。ベースモデルはガソリン車が「スパーダ Honda SENSING」、ハイブリッド車が「ハイブリッドG・EX Honda SENSING」となる。

エクステリアは「ダイナミック&スポーティー」をコンセプトにデザインを一新。専用フロントグリルや専用エアロバンパー、灯体の意匠を変更したほか、リアまわりでは従来の専用テールゲートスポイラーと専用エンブレムを踏襲しながら、リアコーナーガーニッシュをボディーと同色化することで、スポーティーさを強調している。

インテリアはブラックとシルバーを基調に、専用ステアリングホイールと専用インパネミドルパッドを採用。スポーティーさの中で上質さも表現した。

走行性能については、ミニバンに最適な剛性を追求したというアルミホイールに加え、専用サスペンションと空力特性を考慮したエアロバンパーを装着して実走テストを繰り返し、セッティングを熟成。ミニバン特有の外乱に対応し、乗り心地や高速走行時の直進性を追求することで、同乗者にも快適な質の高い移動空間を目指した。

専用装備の内容は以下の通り。

【エクステリア】

  • 専用フロントグリル
  • 専用フロントエアロバンパー
  • 専用サスペンション
  • 16インチアルミホイール<ハイブリッド車>
  • 専用17インチアルミホイール(ダーククリア塗装)<ガソリン車>
  • ブラックホイールナット
  • 専用テールゲートスポイラー
  • 専用リアコンビネーションランプ
  • 専用フロントビームライト
  • 専用ドアミラー
  • 専用アウタードアハンドル(ダーククロームメッキ)
  • 専用エンジンアンダーカバー
  • 専用リアロワディフューザー
  • 専用リアエンブレム(ダーククロームメッキ)
  • リアコーナーガーニッシュ(ボディー同色)

【インテリア】

  • 専用インパネミドルパッド(ピアノブラック調+シルバーモールディング)
  • 専用本革巻きステアリングホイール
  • 専用本革巻きセレクトレバー<ガソリン車>
  • 専用ブラックコンビシート(プライムスムース×ソフトウィーブ/Modulo Xロゴ入り)
  • 専用フロアカーペットマット
  • ETC2.0車載器(ナビ連動タイプ)

ラインナップと価格は以下の通り。

  • モデューロX Honda SENSING(7人乗り):351万円
  • モデューロX Honda SENSING(8人乗り):353万1600円
  • ハイブリッド モデューロX Honda SENSING(7人乗り):399万6000円

(Clubpyme)

関連キーワード:
ステップワゴン, ステップワゴンスパーダ, ホンダ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • モデューロの技が生きるミニバン2台を試す 2018.12.21 Moduloの25年史<PR> 長年培ってきた“匠の技”を生かし、誰もが夢中になれるクルマを目指して開発されたコンプリートカー「モデューロX」。今回は、家族で乗れるミニバン2台をピックアップし、最新モデューロならではの走りを堪能した。
  • モデューロの歴史を彩る新旧3台を比較試乗 2018.12.21 Moduloの25年史<PR> ホンダの純正カスタマイズブランド、Modulo(モデューロ)のコンプリートカー「ホンダS660モデューロX」に試乗。モデューロの用品を取り付けた「ビート」や初代「NSX」との比較なども通して、このブランドの特徴と、今日に受け継がれる走りの思想を探った。
  • ドゥカティ・スクランブラー1100(MR/6MT)【レビュー】 2018.12.22 試乗記 イタリア発のスクランブラーモデル「ドゥカティ・スクランブラー」シリーズに、最大排気量の「1100」が登場。リッターオーバーの空冷L型ツインエンジンを搭載した上級モデルには、他メーカーの空冷バイクにはないドゥカティならではの魅力が備わっていた。
  • ホンダCR-VハイブリッドEX・マスターピース(4WD)【試乗記】 2018.12.21 試乗記 新型「CR-V」のフルモデルチェンジに、少し遅れて設定された「ハイブリッド」。国内外のブランドがひしめくミドルクラスSUVの中にあって、国内販売を復活させたCR-Vの、ハイブリッド車の持つセリングポイントとは何なのか? その走りから確かめてみた。
  • ホンダ・フリード ハイブリッド モデューロX Honda SENSING(6人乗り)(FF/7AT)【試乗記】 2018.1.20 試乗記 ホンダのコンパクトミニバン「フリード」に、走りの質を高めるチューニングが施されたコンプリートカー「モデューロX」が登場。「N-BOX」「N-ONE」「ステップワゴン」と、すべてのモデューロX車をテストしてきた河村康彦が、その出来栄えを報告する。
ホームへ戻る