「ジープ・グランドチェロキー」に特別な“S”を冠した限定車

2018.12.21 自動車ニュース
ジープ・グランドチェロキーSモデル
ジープ・グランドチェロキーSモデル拡大

FCAジャパンは2018年12月20日、ジープブランドのフラッグシップモデル「グランドチェロキー」に特別仕様車「Sモデル」を設定し、2019年1月12日に120台の台数限定で発売すると発表した。

 
「ジープ・グランドチェロキー」に特別な“S”を冠した限定車の画像拡大
 
「ジープ・グランドチェロキー」に特別な“S”を冠した限定車の画像拡大
 
「ジープ・グランドチェロキー」に特別な“S”を冠した限定車の画像拡大
 
「ジープ・グランドチェロキー」に特別な“S”を冠した限定車の画像拡大

Sモデルの“S”は、グランドチェロキーシリーズの上級グレード「Summit(サミット)」と「SRT8」の頭文字を取ったもの。両グレードの特徴的なデザイン要素を採り入れるとともに、装備の充実を図った特別仕様車となっている、

フロントマスクにはサミット譲りとなる、3分割タイプのロワグリルとアクセント付きのフォグライトベゼルを備えたボディー同色のバンパーを採用。さらに、ブランドバッジをはじめとした、グラナイトクリスタルカラーのエクステリアパーツや、SRT8と同デザインのブラックルーフレールなどを装備する。

Sモデルは本国で「リミテッド」と「サミット」の中間に位置付けられている「Overland(オーバーランド)」がベース。20インチアルミホイールやナッパレザーとスエードを組み合わせたシート、レザー仕立てのインストゥルメントパネル&ドアパネル、レザーセンターアームレスト、ブラックウッドのインテリアアクセントなどが備わるほか、デュアルペインパノラミックサンルーフも特別に装備する。

ボディーカラーは「ダイアモンドクリスタルP/C」(限定70台)と「ブライトホワイトC/C」(同40台)に、通常はSRT8専用色となっている「ヴェルヴェットレッドP/C」(同10台)を加えた、全3色展開となる。

価格は620万円。

(Clubpyme)

関連キーワード:
グランドチェロキー, ジープ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジープ・ラングラー アンリミテッド スポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.12.6 試乗記 実に11年ぶりとなるフルモデルチェンジを受けた「ジープ・ラングラー」。エンジンのダウンサイジング化やATの多段化などによって洗練されたのはいいものの、果たして人々が求める“ジープらしさ”は残っているのだろうか。4ドア・2リッターの「アンリミテッド スポーツ」に試乗した。
  • ジープ・チェロキー リミテッド(4WD/9AT)【試乗記】 2018.12.25 試乗記 ジープブランドのモデルラインナップにおいて、日本ではちょっと地味な立場の「チェロキー」だが、中身はなかなかの実力派SUVだ。旗艦モデル「グランドチェロキー」風のマスクを手にしただけでなく、パワーユニットにも手が入るほどの大規模な改良を受けた、最新モデルの出来栄えやいかに!?
  • ジープ・ラングラー アンリミテッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.10.25 試乗記 70年を優に超える歴史を誇る、元祖クロスカントリーモデル「ジープ・ラングラー」。11年ぶりのモデルチェンジで誕生した新型は、従来モデルからどう進化し、何を受け継いだのか。オンロードとオフロード、双方の試乗を通して確かめた。
  • ジープ・ラングラー アンリミテッド ルビコン(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.9.10 試乗記 「Gクラス」と「ジムニー」ばかりが目立っているが、本格オフローダーといえば「ジープ・ラングラー」を忘れてはいけない。世界有数の悪路といわれるアメリカ・ルビコントレイルで、新型の出来栄えをチェックした。
  • 【デトロイトショー2019】トヨタが新型「スープラ」を世界初公開 2019.1.14 自動車ニュース トヨタがデトロイトショーで新型「スープラ」を発表した。「BMW Z4」とコンポーネンツを共有するスポーツクーペで、最高出力340psの3リッター直6ターボエンジンに加え、出力の異なる2種類の2リッター直4ターボも用意される。日本導入は2019年春の予定。
ホームへ戻る