2019年型「ジャガーEペース」に200psの廉価グレード登場

2018.12.21 自動車ニュース
ジャガーEペース(2019年モデル)
ジャガーEペース(2019年モデル)拡大

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2018年12月21日、コンパクトSUV「ジャガーEペース」の2019年モデルを発表。同日、受注を開始した。

 
2019年型「ジャガーEペース」に200psの廉価グレード登場の画像拡大
 
2019年型「ジャガーEペース」に200psの廉価グレード登場の画像拡大
 
2019年型「ジャガーEペース」に200psの廉価グレード登場の画像拡大

2019年モデルの最大のトピックは、出力を抑えた2リッター直4ガソリンターボエンジン(最高出力200ps、最大トルク320Nm)を搭載するエントリーモデルが追加されたこと。これによりラインナップは全30種類に拡大され、スタート価格は443万円にダウンした。

また、人工知能のアルゴリズムにより、リモートキーとスマートフォンのBluetoothを介してドライバーを識別し、エアコンの温度設定やインフォテインメント、シートの位置等をユーザーの好みに合わせて自動調整する「スマート・セッティング」が新たに搭載されている。さらに、離れた場所から車両の状態を確認し操作もできる「リモート」と呼ばれる機能を全グレードに標準装備。スマートフォンと連動する機能「InControlアプリ」「Wi-Fiホットスポット」も備わるなど、コネクティビティーの強化が図られている。

ボディーカラーは新色のナルヴィックブラックのほか、11色(フジホワイト、カルデラレッド、サントリーニブラック、ユーロンホワイト、コリスグレー、インダスシルバー、フィレンツェレッド、シージアムブルー、ボラスコグレー、ファラロンブラック、シリコンシルバー)が選べる。

パワーユニット別の価格は、以下の通り。

  • P200(2リッター直4ガソリンターボ、最高出力200ps):443万円~655万円
  • P250(2リッター直4ガソリンターボ、最高出力250ps):475万円~687万円
  • P300(2リッター直4ガソリンターボ、最高出力300ps):596万円~749万円
  • D180(2リッター直4ディーゼルターボ、最高出力180ps):451万円~663万円

(Clubpyme)

関連キーワード:
Eペース, ジャガー, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジャガーEペースR-DYNAMIC SE P250(4WD/9AT)【試乗記】 2019.3.9 試乗記 ジャガーのエントリーSUV「Eペース」に試乗。舞台として選ばれたのは冬の長野・白馬村。冬季オリンピックが開催されたこの地で、同車自慢の4WD性能を試すはずだったのだが……。前日の雨で路面から雪は消えていた。
  • ジャガーEペースR-DYNAMIC SE P250(4WD/9AT)【試乗記】 2018.4.27 試乗記 ジャガーブランドの新型SUV「Eペース」は、ほかのメーカーが手がけるコンパクトSUVと何が違う? 新世代のガソリンターボエンジンを搭載する「R-DYNAMIC SE P250」に試乗して、その乗り味をチェックした。
  • 2019年型「ジャガーEペース」に200psの廉価グレード登場 2018.12.21 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2018年12月21日、コンパクトSUV「ジャガーEペース」の2019年モデルを発表した。最高出力200psの廉価グレードがラインナップに加えられたほか、コネクティビティーが強化されている。
  • BMW X3 M40d(4WD/8AT)【試乗記】 2019.3.15 試乗記 最高出力326psの3リッター直6ディーゼルターボエンジンを搭載する「BMW X3 M40d」に試乗。BMW Mが手がけた高性能ディーゼルと、同社がスポーティーなチューンを施したというシャシーの組み合わせを味わってみた。
  • ランドローバー・ディスカバリーHSEラグジュアリー(ディーゼル)(4WD/8AT)【試乗記】 2019.3.14 試乗記 どんなに代を重ねようとも、出自はオフロード1丁目1番地。ブランド設立から四駆一筋70年もの歴史を持つランドローバー自慢の4WD性能を試すために、「ディスカバリー」のディーゼルモデルで冬の信州路を走った。
ホームへ戻る