マツダからSUVスタイルの軽トールワゴン登場

2018.12.26 自動車ニュース
マツダ・フレアワゴン タフスタイル ハイブリッドXT
マツダ・フレアワゴン タフスタイル ハイブリッドXT拡大

マツダは2018年12月26日、軽乗用車「フレアワゴン」に新モデルの「タフスタイル」を設定し、販売を開始した。

 
マツダからSUVスタイルの軽トールワゴン登場の画像拡大
 
マツダからSUVスタイルの軽トールワゴン登場の画像拡大
 
マツダからSUVスタイルの軽トールワゴン登場の画像拡大
 
マツダからSUVスタイルの軽トールワゴン登場の画像拡大
 
マツダからSUVスタイルの軽トールワゴン登場の画像拡大
 
マツダからSUVスタイルの軽トールワゴン登場の画像拡大

スズキ・スペーシア ギアの姉妹モデル

マツダ・フレアワゴン タフスタイルは、マツダがスズキからOEM供給を受けて販売するトールワゴンタイプの軽乗用車であり、「スズキ・スペーシア ギア」の姉妹モデルにあたる。

車両の特徴はベース車に準じたもので、エクステリアでは丸型のLEDヘッドランプやガンメタリック塗装の前後バンパー、サイドガーニッシュ、ルーフレール、アルミホイールなどの採用により、SUVのような力強さを表現。インテリアについても、オレンジ色のメーターリングやシートステッチ、工具箱をモチーフとした専用デザインの助手席アッパーボックスなどで、通常のフレアワゴンとは一線を画すイメージに仕立てられている。

機能面についても同様で、はっ水加工のシート表皮やメッシュタイプの助手席シートバックポケット、防汚仕様の後席シートバックや荷室フロアボードなどを採用。ターボエンジン車の「タフスタイル ハイブリッドXT」には、シフトパドル、クルーズコントロール、全方位モニター用カメラパッケージを標準装備している。

価格は以下の通り。

  • タフスタイル ハイブリッドXS(FF):163万6200円
  • タフスタイル ハイブリッドXS(4WD):175万3920円
  • タフスタイル ハイブリッドXT(FF):180万1400円
  • タフスタイル ハイブリッドXT(4WD):191万9160円

同時に、既存のモデルについても仕様変更を実施しており、全方位モニター用カメラパッケージを「カスタムスタイル ハイブリッドXT」に標準装備、「ハイブリッドXS」のアップグレードパッケージ付き車と「カスタムスタイル ハイブリッドXS」にオプション設定。ボディーカラーについては「チアフルピンクメタリック(モノトーン)」「ブレイブカーキパール」の2色を廃止した。

価格は133万3800円から199万2600円。

(Clubpyme)

関連キーワード:
フレアワゴン タフスタイル, マツダ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ヤマハSR400(MR/5MT)【レビュー】 2019.3.2 試乗記 一時は販売中止に至るも、みごと復活を遂げた「ヤマハSR400」。排ガス対策が施された最新型は、走りに制約を受けるどころか、驚くほど官能的なライディングを楽しめるオートバイになっていた。
  • 「ホンダN-BOX」追撃の切り札となるか?
    「スズキ・スペーシア ギア」の可能性を占う
    2019.1.14 デイリーコラム 発表と同時に、既存のモデルとは一味違うデザインで話題をさらった「スズキ・スペーシア ギア」。クロスオーバースタイルという、ありそうでなかった軽トールワゴンはスズキの切り札となるか? 過去のモデルとの比較を通し、その可能性について考えた。
  • スズキ・スペーシア ギア 2018.12.20 画像・写真 スズキからアクティブ仕立ての軽トールワゴン「スペーシア ギア」登場。「スペーシア」とはデザインが異なるだけでなく、荷室を防汚仕様とするなど、レジャーシーンで役立つ工夫も凝らされている。既存の軽乗用車とは一味違う新型車の詳細を、写真で紹介する。
  • スズキからSUVライクな軽ハイトワゴン「スペーシア ギア」登場 2018.12.1 自動車ニュース スズキがSUVライクな軽ハイトワゴン「スペーシア ギア」の情報を先行公開。専用のフロントグリルやプロテクターを模した装飾パネルなどが演出するアクティブなイメージが特徴で、はっ水加工のシートや防汚仕様の荷室フロアなどが用いられている。
  • スズキ・スペーシア カスタム ハイブリッドXSターボ(FF/CVT)【試乗記】 2018.3.8 試乗記 生活必需品として、日本で独自の発展をみせる軽乗用車。新型「スペーシア」は、その中で一番の激戦区であるスーパーハイトワゴンカテゴリーに、スズキが投入した自信作だ。ワイルドなフロントマスクが主張する「カスタム」に試乗した。
ホームへ戻る