第187回:巨大ハリケーン襲来! 立ち向かえるクルマとは?
『ワイルド・ストーム』

2019.01.04 読んでますカー、観てますカー

混乱に乗じて6億ドル強奪

ハリケーン映画である。『ワイルド・ストーム』は日本でつけられたタイトルで、原題は『Hurricane Heist』。直訳すれば「ハリケーン強盗」だ。超大型ハリケーンの襲来が引き起こしたパニックを利用して大金を盗み出そうとする話だから、タイトルがネタバレである。

始まりは1992年。ハリケーン・アンドリューがアメリカ西海岸のガルフポートを襲う。ウィルとブリーズの幼い兄弟は父の運転する「シボレーC-30」に乗っていた時に天候が激変。強風で倒れてきた木を避けるために道を外れたクルマはそのままスタックしてしまう。兄弟は近くの家に逃れたが、父はクルマを動かそうとしているうちに吹き飛ばされてしまう。

25年後、同じ街が再び災害に見舞われる。最大規模とされるカテゴリー5のハリケーン・タミーが近づいていたのだ。成長したウィル(トビー・ケベル)は気象学者、ブリーズ(ライアン・クワンテン)は修理屋になっていた。ガルフポートには財務省の施設があり、古いお札の裁断を行っている。ハリケーンが迫る中、セキュリティーを担当するケーシー(マギー・グレイス)が運転するトラックが巨額の現金を運んできた。

裁断を始めようとするとシュレッダーが故障。発電機も止まり、ケーシーがブリーズを呼びにいく。彼女がいない間に施設に入り込んだのはハッカー集団。彼らはシュレッダーを止めるウイルスを仕込み、ハリケーン襲来の混乱に乗じて現金6億ドルを奪い取る計画を立てていた。

© CATEGORY 5 FILM, LLC 2017
© CATEGORY 5 FILM, LLC 2017拡大
 
第187回:巨大ハリケーン襲来! 立ち向かえるクルマとは?『ワイルド・ストーム』の画像拡大
 
第187回:巨大ハリケーン襲来! 立ち向かえるクルマとは?『ワイルド・ストーム』の画像拡大
鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。

あなたにおすすめの記事
新着記事