税率アップで中古車は……?

トヨタの「ヴィッツ」と「アクア」も、2019年後半にモデルチェンジしそうです。ヴィッツは車名も「ヤリス」と改めて、欧州テイストに生まれ変わるとか。現行ヴィッツはデザイン・中身ともに非常に残念な状態でしたから、こっちも大躍進の目があるかも。

一方、私が好きなアクアはどうなるのか。サッパリ予想がつきませんが、大衆車まつりの波に乗って、し烈な上位争いを展開してくれそうな気がします。2019年はカローラが沈没して、ヤリス、フィット、アクアが大バトルを展開すると予想されますネ!

そのほか、個人的に楽しみなのは、新型「日産ジューク」です(出ればですが)。世界を席巻したあのデザインがどう生まれ変わるのか。ゴーンショックに揺れる日産ですが、日産デザインの意地と根性を見せてくれ! ジュークは国内では売れなくてもいい、とにかくデザインで飛ばしてくれ! そんな感じです。

もうひとつの大きな楽しみは、「マツダ・アクセラ」ですね。こっちはカーマニアとして、デザインと「スカイアクティブX」に、マジに期待。でも、グローバルモデルだけに、幅がデカすぎて買う気にはならないんだろうな。

輸入車では、やっぱり新型「ゴルフ」が気になります。しかし現行モデルですでに全幅1800mm。新型はより上級志向になることが確実なので、全幅はさらに拡大か。そうすると国内市場では「いい加減にしろ!」ということになるかもしれない。中身がどんなに良くたって、そんなデカいクルマ、スーパーの駐車場に止めるのがめんどくさいよ! と。このクラスの輸入車にとって、全幅の拡大は冗談で済まされなくなってくるかもです。

一方私が大好きな中古車はどうか。中古車の場合は、容赦なく消費税がアップされるわけですが、もともと総額表示なので、2%のアップ分は、ほとんど業者さんがかぶるでしょう。もちろん2%値上げするのはお店の自由だけど、ほかのお店も一斉に値上げしてくれないと、自分のお店だけ売れなくなるので、自由競争原理によって、中古車も消費税アップの影響はナシと見て間違いあるまい。つまり「無風」です。のれんに腕押しで申し訳ございません。

(文=清水草一/写真=トヨタ自動車、日産自動車、本田技研工業、マツダ、フォルクスワーゲン/編集=関 顕也)

トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。次のモデルからは、国内の車名が「ヤリス」に変わるとか、変わらないとか。
トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。次のモデルからは、国内の車名が「ヤリス」に変わるとか、変わらないとか。拡大
新型が出るぞ出るぞと言われながら、まだフルモデルチェンジされない「トヨタ・アクア」。2019年はいよいよ一新?
新型が出るぞ出るぞと言われながら、まだフルモデルチェンジされない「トヨタ・アクア」。2019年はいよいよ一新?拡大
美しいデザインをセリングポイントとする新型「マツダ3」。これまで日本では「マツダ・アクセラ」の名で扱われていたが、新型は海外と同じマツダ3になるのではとささやかれている。
美しいデザインをセリングポイントとする新型「マツダ3」。これまで日本では「マツダ・アクセラ」の名で扱われていたが、新型は海外と同じマツダ3になるのではとささやかれている。拡大
個性派クロスオーバー「日産ジューク」も、誕生からもうすぐ9年。果たして新型は、どんなデザインでファンを驚かせてくれるのか?
個性派クロスオーバー「日産ジューク」も、誕生からもうすぐ9年。果たして新型は、どんなデザインでファンを驚かせてくれるのか?拡大
「フォルクスワーゲン・ゴルフ」は、モデルチェンジでますます大型化!?
「フォルクスワーゲン・ゴルフ」は、モデルチェンジでますます大型化!?拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事