トヨタ、CESで新しい自動運転の実験車両を公開

2019.01.04 自動車ニュース
「TRI-P4」
「TRI-P4」拡大

トヨタ・リサーチ・インスティテュート(以下TRI)は2019年1月3日(現地時間)、ラスベガスで開催される世界最大級のエレクトロニクスとITの見本市「CES」(開催期間:2019年1月8日~11日)において、新型の自動運転実験車「TRI-P4」を公開すると発表した。

 
トヨタ、CESで新しい自動運転の実験車両を公開の画像拡大
 
トヨタ、CESで新しい自動運転の実験車両を公開の画像拡大
 
トヨタ、CESで新しい自動運転の実験車両を公開の画像拡大
 
トヨタ、CESで新しい自動運転の実験車両を公開の画像拡大
 
トヨタ、CESで新しい自動運転の実験車両を公開の画像拡大

センサーもコンピューターも車両も進化

TRIは人工知能技術の研究・開発を担うトヨタのアメリカ現地法人である。今回、発表がアナウンスされたTRI-P4は、現行型「レクサスLS」をベースとした実験車両で、「ガーディアン」(高度安全運転支援システム)と「ショーファー」(自動運転システム)という2つの自動運転システムが搭載されている。TRIで自動運転技術を担当するシニアバイスプレジデントのライアン・ユースティス氏は、前者を「完全な自動化、すなわちすべての、もしくは限られた運転環境においてドライバー不在での自動運転に重点を置いたもの」、後者を「人間の能力を置き換えるのではなく、増大させるもの」と説明している。

センサーについては、2つのカメラを追加することで両サイドの認識性能を高めているほか、自動運転車用に設計された2つの画像センサーを前方と後方に追加。レーダーシステムも車両周辺の近距離の視野を向上させるべく最適化している。また前モデルである「Platform 3.0」より、8つのスキャニングヘッドを持つLIDARシステムを現行型LSのデザインにあった形状としつつ踏襲している。

自動運転システムの頭脳として機能するコンピューターについても“賢さ”の向上を図っており、より高い計算能力と機械学習能力と、より早い学習能力を実現。コンピューターはすべてハイブリッド車の二次電池で稼働し、またリアシート背後の枠に平行に取り付けることでトランクスペースへの干渉を抑えることに成功している。

ベース車の変更もシステムの進化に寄与しており、現行型LSに備わる新しいシャシーとステアリングの制御技術を活用することで、より素早くレスポンスのいい、スムーズな自動運転を実現しているという。

TRI-P4は、TMNA(トヨタ・モーター・ノースアメリカ)R&Dの試作車開発センターにおいて、2019年春に製作が開始される予定となっている。

(Clubpyme)

関連キーワード:
トヨタ, レクサス, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
新着記事