ノッキングを予防する新規格に対応

API規格はAmerican Petroleum Instituteが定めるエンジンオイルのグレードだ。新しいMobil 1はLSPI  (Low Speed Pre-Ignition :スパークプラグによる点火前に燃焼が起きる異常燃焼現象)防止性能が付与されて、最新の規格であるSN PLUS認証品となっている。

「最近は燃費改善のために1リッターや1.2リッターのダウンサイジングターボエンジンが搭載されるクルマが多くなっています。低回転からトルクを出すので運転しやすいんですが、高い熱を発生するのでオイルに負担がかかるんですよ。LSPIはエンジンを損傷させる恐れもありますから、添加剤の配合を変えることでこれを抑制するわけです」

直噴ターボエンジンは、低回転で異常燃焼を起こしやすいという弱点を抱えている。ピストンが上死点に達する前に燃焼が起きてノッキングが発生してしまうのだ。問題に対応するため2018年に定められた規格がSN PLUSであり、Mobil 1は対策を施した製品を2019年1月にいち早く発売した。

「Mobil 1はハイブリッド車で高い性能を発揮し、エンジン保護性能でも認められてきました。SN PLUSの認証を受けたことで、ダウンサイジングターボエンジンにも安心して使用していただけます」

低燃費で高出力という、優れたエンジン性能を支えるのはエンジンオイルの力である。Mobil 1の新しいラインナップは、愛車のポテンシャルをフルに引き出してくれる頼もしい相棒なのだ。

(文=鈴木真人/写真=荒川正幸)

新たに追加された0W-16だけでなく、既存の0W-20、0W-30、5W-30についてもダウンサイジングターボエンジンのノッキング防止用添加剤を加えることで、SN PLUS規格認証品となっている。
新たに追加された0W-16だけでなく、既存の0W-20、0W-30、5W-30についてもダウンサイジングターボエンジンのノッキング防止用添加剤を加えることで、SN PLUS規格認証品となっている。拡大
小林さんとともにブースに花を添えたMobil 1レースクイーンの佐崎愛里さん
小林さんとともにブースに花を添えたMobil 1レースクイーンの佐崎愛里さん拡大
低燃費と高出力という、相反するエンジン性能を実現させる「Mobil 1」。愛車のポテンシャルをフルに引き出してくれる頼もしい相棒だ。
低燃費と高出力という、相反するエンジン性能を実現させる「Mobil 1」。愛車のポテンシャルをフルに引き出してくれる頼もしい相棒だ。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事