「マツダ・アクセラ」改め「マツダ3」!?
車名に発露したグローバル化という“言い訳”

2019.01.16 デイリーコラム

オートサロンに展示されたのは「マツダ3」

「次期『マツダ・アクセラ』の車名は、日本でも海外と同じ『マツダ3』になるらしい」といううわさがある。一部の新聞などでも報道された。

2019年1月11日から13日にかけて開催された「東京オートサロン2019」にも、アクセラがマツダ3の名称で出品されたが、これは左ハンドル仕様だ。つまり海外向けだから、日本でもマツダ3になるとは限らない。

マツダの販売店によると「次期アクセラの発売時期は、現時点(2019年1月中旬)では、メーカーから伝えられていない。マツダ3は海外向けの名前だから、日本国内ではアクセラを踏襲すると思う。ただし詳細は聞いていない」という。

車名をアクセラのような単語にするか、あるいは数字とアルファベットの組み合わせにするかは、メーカーによって異なる。アメリカのメーカーは、単語を使うことが多い。「シボレー・カマロ」「フォード・マスタング」「ジープ・ラングラー」という具合だ。

欧州車は、「メルセデス・ベンツE250」「BMW 320i」「アウディA4」というように、英数字による表記が目立つ。

「東京オートサロン」の会場に展示された新型「マツダ3」。左ハンドル仕様とはいえ、「日本名:アクセラ」の添え書きはなかった。
「東京オートサロン」の会場に展示された新型「マツダ3」。左ハンドル仕様とはいえ、「日本名:アクセラ」の添え書きはなかった。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ3ハッチバック(FF/6MT)/マツダ3セダン(FF/6AT)【海外試乗記】 2019.2.7 試乗記 マツダのCセグメントモデル「アクセラ/マツダ3」が4世代目に進化。斬新なエクステリアデザインに加え、刷新されたシャシーやパワートレインのラインナップなど、見どころに満ちた新型の出来栄えを、米ロサンゼルスでチェックした。
  • メルセデス・ベンツA180スタイル(FF/7AT)【試乗記】 2019.2.13 試乗記 メルセデス・ベンツの新世代デザインをまとい、華々しいデビューを飾った新型「Aクラス」。金看板の自然対話式インターフェイス「MBUX」を武器に、強豪ひしめくCセグメントの新たな盟主となることはできるのだろうか。
  • レクサスES300h“バージョンL”(FF/CVT)【試乗記】 2019.2.11 試乗記 7代目にして初めて日本に導入されたレクサスのFFセダン「ES」に試乗。テスト車は話題の新装備「デジタルアウターミラー」が装着された最上級グレード“バージョンL”。夜明け前から日暮れまでの長いドライブで浮き彫りになった、同車の秘めた二面性とは!?
  • トヨタ・サクシードTX(FF/CVT)【試乗記】 2019.2.5 試乗記 ついに「プロボックス/サクシード」にもハイブリッドモデルが登場。ハイブリッドを世に広めたトヨタにさえ、なぜかこれまで設定のなかった“はたらくクルマ”のハイブリッド、その仕上がりをリポートする。
  • 「トヨタ86」にブリティッシュグリーンの限定車が登場 2019.2.12 自動車ニュース トヨタ自動車は2019年2月12日、「86」に特別仕様車「GT“ブリティッシュグリーンリミテッド”」を設定し、同年5月31日まで期間限定で注文を受け付けると発表した。車名にも表されているグリーンのボディーカラーと、上質な内装を特徴としている。
ホームへ戻る