第188回:あのほんわかキャラのクルマが恐怖の舞台に
『ジュリアン』

2019.01.24 読んでますカー、観てますカー

異様な緊迫感の離婚調停シーン

映画『ジュリアン』はジャンルをひとつに限定することが難しい。社会派ドラマであるとともにサスペンスの要素もあり、最後にはホラー映画のような様相を呈する。扱っているテーマは、親権である。冒頭のシーンは、家庭裁判所。11歳の少年ジュリアン(トーマス・ジオリア)の扱いをめぐり、離婚調停が行われる。

妻ミリアム(レア・ドリュッケール)は日常的にDVを受けていたと話し、単独親権を求めている。夫アントワーヌ(ドゥニ・メノーシュ)はそれを否定し、共同親権を認めるべきだと主張する。弁護人が代わりに論述を行っていて、ミリアムとアントワーヌは互いに目を合わせない。冷静を装い表情を動かさないが、どちらかがうそをついているのだ。スクリーンからは異様な緊迫感が伝わってくる。

事前にジュリアンの陳述書が提出されていた。「僕も姉さんも“あいつ”が嫌いです。二度と会いたくありません」と書いてある。これが決定的な証拠となりそうに思えるが、そんなに簡単な話ではない。子供を引き離して一緒に暮らすうちに、相手の悪口を吹き込んで洗脳するケースもあるからだ。裁判官も判断しかねている。

姉さんというのは18歳のジョゼフィーヌ(マティルド・オネヴ)で、成人とみなされて親権は争われない。彼女は数年前にケガをしていて、それがアントワーヌによるものだという診断書が証拠として出される。しかし、実際には体育の授業で負傷したのだと反論された。真実はどこにあるのか。

©2016 – KG Productions – France 3 Cinéma
©2016 – KG Productions – France 3 Cinéma拡大
 
第188回:あのほんわかキャラのクルマが恐怖の舞台に『ジュリアン』の画像拡大
 
第188回:あのほんわかキャラのクルマが恐怖の舞台に『ジュリアン』の画像拡大
鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。

あなたにおすすめの記事
新着記事