充実の運転支援装備を採用した「ランドローバー・ディスカバリー スポーツ」限定発売

2019.02.01 自動車ニュース
ランドローバー・ディスカバリー スポーツ ランドマークプラス
ランドローバー・ディスカバリー スポーツ ランドマークプラス拡大

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2019年2月1日、プレミアムコンパクトSUV「ランドローバー・ディスカバリー スポーツ」の特別仕様車「LANDMARK+(ランドマークプラス)」を発表し、受注を開始した。

アダプティブクルーズコントロール(キューアシスト付き)やエマージェンシーブレーキ、ブラインドスポットモニター&リバーストラフィックディテクション(クロージングビークルモニター付き)などの運転支援システムを装備。
アダプティブクルーズコントロール(キューアシスト付き)やエマージェンシーブレーキ、ブラインドスポットモニター&リバーストラフィックディテクション(クロージングビークルモニター付き)などの運転支援システムを装備。拡大
インテリアでは10ウェイ電動フロントシート(ヒーター付き)や2ゾーンクライメートコントロールなどを装備している。
インテリアでは10ウェイ電動フロントシート(ヒーター付き)や2ゾーンクライメートコントロールなどを装備している。拡大
ボディーカラーは、ナルヴィックブラック(限定25台)、コリスグレイ(限定15台)、ユーロンホワイト(限定60台)の3色を設定。
ボディーカラーは、ナルヴィックブラック(限定25台)、コリスグレイ(限定15台)、ユーロンホワイト(限定60台)の3色を設定。拡大

ランドマークプラスは、最高出力180psの2リッター直4ディーゼルターボエンジンを搭載した2019年モデル限定グレード「ランドマークエディション」をベースにした特別仕様車。同モデルに、エマージェンシーブレーキやアダプティブクルーズコントロール(キューアシスト付き)、ブラインドスポットモニター&リバーストラフィックディテクションなどのドライバー支援システムを追加装備している。

これらを含む特別装備は以下の通り。

  • アダプティブクルーズコントロール(キューアシスト付き)
  • 10ウェイ電動フロントシート(ヒーター付き)
  • 2ゾーンクライメートコントロール(2列目エアコンディショナーダクト付き)
  • センターコンソール(スライディングアームレスト付き)
  • キーレスエントリー
  • エマージェンシーブレーキ
  • パワージェスチャーテールゲート
  • ブラインドスポットモニター&リバーストラフィックディテクション(クロージングビークルモニター付き)

インテリアには上質なグレインレザーシートを装備し、追加されたオプション装備は、約70万円相当になるという。エクステリアカラーにはナルヴィックブラック(限定25台)、コリスグレイ(限定15台)、ユーロンホワイト(限定60台)の3色を設定している。

価格はナルヴィックブラックが599万9000円、コリスグレイとユーロンホワイトが608万7000円。

(Clubpyme)

関連キーワード:
ディスカバリー スポーツ, ランドローバー, 自動車ニュース

ランドローバー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランドローバー・レンジローバー イヴォーク(4WD/9AT)【海外試乗記】 2019.4.5 試乗記 ランドローバーのベストセラーSUV「レンジローバー イヴォーク」がフルモデルチェンジ。将来の電動化も見据えたという新たなプラットフォームを手にした新型は、どのような進化を遂げたのだろうか。ギリシャ・アテネで試乗した。
  • アウディRS 4アバント(4WD/8AT)【試乗記】 2019.4.15 試乗記 アウディ スポーツが開発を手がけた、「A4」シリーズのトップモデル「RS 4アバント」に試乗。その走りは、ドイツで生まれた高性能マシンならではの“クールな全能性”を感じさせるものだった。
  • ジャガーIペース ファーストエディション(4WD)/IペースSE(4WD)【試乗記】 2019.4.4 試乗記 いよいよ日本に導入された、ジャガーの100%電気自動車(EV)「Iペース」。エンジンを搭載しないEVならではのスタイリングをまとうニューモデルは、スポーツカーを出自とするジャガーの名に恥じないクルマに仕上がっていた。
  • トヨタRAV4(4WD/CVT)【試乗記】 2019.4.12 試乗記 ついに“日本復活”を果たしたトヨタのミドルサイズSUV「RAV4」。2種類のパワートレインに3種類の4WDシステムと、ぜいたくに取りそろえられたメカのラインナップが意味するものとは? アグレッシブな走りの向こうに、トヨタの戦略が透けて見えた。
  • BMW M850i xDriveクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.4.11 試乗記 かつてBMWのV12ラグジュアリークーペに与えられていた「8シリーズ」の名称がおよそ20年ぶりに復活した。「クーペ」と「カブリオレ」という2つのラインナップから、まずはスタイリッシュなクーペに試乗。新世代フラッグシップモデルの実力を確かめる。
ホームへ戻る