第591回:見ないとイタリア人に叱られる!?
ハイテクてんこ盛りの自動運転EXPO

2019.02.08 マッキナ あらモーダ!

“聖書研究会”だった

2019年1月に第2回自動運転EXPOが東京ビッグサイトで開催されたので訪れてみた。

米国ラスベガスのCESには2018年まで3年にわたり訪れてきた。だが、「CASE」や「MaaS」といった言葉がメディアをにぎわす昨今、東京でも情報をアップデートしておいたほうがいいと考えたからだ。

しかし、実際に自動運転EXPOの会場に足を踏み入れてみると、まさに技術展示会および商談会といった風情であった。自動運転用シミュレーションソフトウエアや、より軽くより装着が簡単なドライバー用脳波計測機器などを開発するメーカー、さらにそうした商品をメーカーやサプライヤーに売り込む商社、といったブースが軒を連ねている。

来場者の会話に耳をそばだててみると、「これ、ピエゾですか?」「開発期間の短縮」「情報を獲得するには、どうお客さんと向き合うか」さらには「不良品をいかに減らすか」といった言葉が飛び交っている。いでたちからして皆さん、真面目そうな黒・紺のスーツばかりである。遊びに来たような格好の筆者だけが浮きまくっていた。

パンフレットには「本展は商談・技術相談のための展示会です」という断り書きが記されていたものの、ここまでプロ志向とは想像できなかった。華やかな自動運転コンセプトモデルがあちこちに展示されるCESとは一線を画している。「ものづくりの国・日本」という言葉がぴったりである。

ついでに思い出したのは1980年代、『朝日新聞』の夕刊に故・園山俊二画伯が連載していた4コマ漫画『ペエスケ』で見たシーンだ。主人公ペエスケがクリスマスの夜、ガールフレンドに誘われる。おちゃらけたパーティー仮装をして行ってみたら、聖書研究会だったという回である。まさにその心境だ。

2019年1月16日から18日にかけて開催された第2回自動運転EXPOの会場にて。
2019年1月16日から18日にかけて開催された第2回自動運転EXPOの会場にて。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。、(ともに二玄社)、、(ともに光人社)、(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事