大容量の新型バッテリーを搭載した「BMW i3」発売

2019.02.06 自動車ニュース
BMW i3
BMW i3拡大

BMWジャパンは2019年2月6日、電気自動車「BMW i3」に新型のバッテリーを搭載し、同日販売を開始した。

総電力量が33kWhから42kWhに増加した、容量120Ahの新型バッテリーを搭載。
総電力量が33kWhから42kWhに増加した、容量120Ahの新型バッテリーを搭載。拡大

新型リチウムイオンバッテリーは、従来モデル比で約30%拡大した120Ahの容量を持ち、総電力量も33kWhから42kWhに増加している。満充電一回あたりの走行可能距離は、新燃料消費率基準であるWLTCモードで360km、「レンジ・エクステンダー装備車」では466kmになるという。

価格はピュアEVのi3が543万円、i3レンジ・エクステンダー装備車は592万円に改定されている。従来通り、アトリエ(標準装備)/ロッジ/スイートの3つのインテリアデザインパッケージをラインナップしている。

(Clubpyme)

関連キーワード:
i3, BMW, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW i3ロッジ(RR)【試乗記】 2018.5.4 試乗記 モーターを搭載する電動車が増えつつある自動車業界で、2013年のデビュー以来、独自の存在感を放っている「BMW i3」。デザインが手直しされた最新のピュアEVに乗ってみると、ほかのエコカーでは得がたい個性が伝わってきた。
  • BMW i3スイート レンジ・エクステンダー装備車(RR)【試乗記】 2017.5.3 試乗記 マイナーチェンジにより、400kmにせまる一充電走行可能距離を実現したBMWの電気自動車「i3」。レンジ・エクステンダーを搭載した最上級グレード「スイート」の試乗を通し、類例のないその魅力をあらためて確かめた。
  • レクサスLS500h“エグゼクティブ”(FR/CVT)【試乗記】 2019.2.1 試乗記 2018年8月の一部改良でハイブリッドシステムのエンジンサウンドや変速制御のチューニングを行い、制振材の追加などにより静粛性を向上させたという、レクサスのフラッグシップサルーン「LS」。果たして熟成は、どこまで進んだのだろうか。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2019.1.22 試乗記 3.5リッターV6ツインターボエンジン+トリプルモーターを搭載したホンダのスーパースポーツ「NSX」が、デビュー以来初のマイナーチェンジを受けた。新たに開発責任者に日本人を据えたことで、走りの味付けはどのように変化したのだろうか。
  • BMW i3s(RR)【海外試乗記】 2018.1.6 試乗記 デビューから4年を経たBMWの電気自動車「i3」に、新グレードの「i3s」が登場。よりパワフルなモーターと専用チューニングの足まわりが採用された電動スポーツモデルの出来栄えを、BMWの電動化戦略の現状とともにお届けする。
ホームへ戻る