「ルノー・トゥインゴ」にパリの女性をイメージした限定車登場

2019.02.07 自動車ニュース
ルノー・トゥインゴ ラ・パリジェンヌ
ルノー・トゥインゴ ラ・パリジェンヌ拡大

ルノー・ジャポンは2019年2月7日、コンパクトカー「トゥインゴ」に特別仕様車「ラ・パリジェンヌ」を設定し、同年2月14日に200台の台数限定で発売すると発表した。

 
「ルノー・トゥインゴ」にパリの女性をイメージした限定車登場の画像拡大
 
「ルノー・トゥインゴ」にパリの女性をイメージした限定車登場の画像拡大
 
「ルノー・トゥインゴ」にパリの女性をイメージした限定車登場の画像拡大
 
「ルノー・トゥインゴ」にパリの女性をイメージした限定車登場の画像拡大
 
「ルノー・トゥインゴ」にパリの女性をイメージした限定車登場の画像拡大
 
「ルノー・トゥインゴ」にパリの女性をイメージした限定車登場の画像拡大

今回のトゥインゴ ラ・パリジェンヌは、自分のセンスを信じて自由にオシャレを楽しむパリジェンヌをイメージし、内外装を専用コーディネートしたモデルである。「インテンス」および「インテンス キャンバストップ」グレードをベースとしている。

ボディーカラーには専用色となる「ヴェール ピスタッシュ」(ピスタチオの緑)を採用。このほか外装には、ボディー同色のサイドプロテクションモール(「La Parisienne」ロゴ入り)や専用サイドストラップ、16インチアロイホイールが備わる。キャンバストップモデルの場合は、キャンバストップも専用仕様となっている。

インテリアはトリムをボディーカラーと同色でコーディネート。レザー調×ファブリックの専用シート(前席シートヒーター)も装備する。

このほかカタログモデルには設定のない車線逸脱警報(LDW)も備わる。

これらを含む専用装備の内容は以下の通り。

  • 専用ボディーカラー(ヴェール ピスタッシュ)
  • 専用サイドストライプ
  • 専用キャンバストップ(キャンバストップモデルに装備)
  • ボディー同色サイドプロテクションモール(「La Parisienne」ロゴ入り)
  • ブリリアントブラックドアミラー
  • プライバシーガラス
  • 専用16インチアロイホイール(ヴェール ピスタッシュカラー センターキャップ)
  • 「La Parisienne」ロゴ入りキッキングプレート
  • 専用レザー調×ファブリックコンビシート(グリーン/ホワイトライン、前席シートヒーター付き)
  • ヴェール ピスタッシュ内装トリム(ダッシュボード、エアコンベゼル)
  • ブラックステアリングインサート
  • 助手席チャイルドシートISOFIXアンカー

価格はラ・パリジェンヌが204万円(限定170台)で、ラ・パリジェンヌ キャンバストップが216万円(同30台)。

(Clubpyme)

関連キーワード:
トゥインゴ, ルノー, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダCX-8 25T Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2019.1.25 試乗記 「マツダCX-8」に追加された、2.5リッターダウンサイジングターボエンジン搭載の新グレード「25T」。新エンジンの出来栄えを確かめるべく試乗に臨んだのだが、このクルマにはパワープラントとは別に気にかかる課題が潜んでいた。
  • メガーヌ ルノー・スポール 2019.1.17 実力検証! 新型メガーヌR.S.<PR> “最速のFF車”を目指して開発された、ルノーのハイパフォーマンスモデル「メガーヌ ルノー・スポール」。その走りを、第一線で活躍するレーシングドライバー谷口信輝はどう評価するのか? ワインディングロードにおける印象を報告する。
  • 東京オートサロン2019(ルノー) 2019.1.11 画像・写真 人気の「メガーヌ ルノースポール」にMTが登場!? 東京オートサロン2019の会場より、「ルーテシア ルノースポール」の限定モデルに「トゥインゴGT」「メガーヌ スポーツツアラーGT」などなど、見どころ満点のルノーブースを紹介。
  • ルノー・メガーヌ ルノースポール(FF/6AT)【試乗記】 2018.9.8 試乗記 “FF最速”の称号を賭け、日独のライバルとしのぎを削るフランスの高性能ホットハッチ「ルノー・メガーヌ ルノースポール」。その新型がいよいよ日本に導入された。よりマニア度を増した足まわりと、新開発の直噴ターボエンジンが織り成す走りを報告する。
  • ポルシェ911カレラT(RR/7AT)【試乗記】 2019.1.8 試乗記 「ガレージを飾るのではなく、コーナーを攻め込むための一台」とアピールされる「ポルシェ911カレラT」。ワインディングロードでむちを当ててみると、たしかに「これぞ911」というピュアな走りを楽しむことができた。
ホームへ戻る