第550回:レースで活躍した「サニー」が復活
名車再生クラブの取り組みを振り返る

2019.02.10 エディターから一言
名車再生クラブによってレストアされた、1972年式「サニー1200 GXクーペ TS仕様」。
名車再生クラブによってレストアされた、1972年式「サニー1200 GXクーペ TS仕様」。拡大

サーキットで活躍した名車「日産サニー1200 GXクーペ」を再生させた、名車再生クラブ。日産および関連会社の有志によって構成され、往年の日産車を“手弁当”でレストアする同クラブの取り組みを、2018年度の活動を通して紹介する。

吹き抜けの廊下に並べられた、日産の現行モデルと「サニー1200 GXクーペ TS仕様」。
吹き抜けの廊下に並べられた、日産の現行モデルと「サニー1200 GXクーペ TS仕様」。拡大
インテリアも、すっかりきれいにレストアされている。
インテリアも、すっかりきれいにレストアされている。拡大
2006年に発足した日産の名車再生クラブ。これまでに13台の車両をレストアしてきた。
2006年に発足した日産の名車再生クラブ。これまでに13台の車両をレストアしてきた。拡大
 
第550回:レースで活躍した「サニー」が復活名車再生クラブの取り組みを振り返るの画像拡大

復活を遂げた鮮やかなオレンジの「サニー」

神奈川・厚木にある日産テクニカルセンター内のとあるビル。ゲートを抜けて正面のエスカレーターを上った先、吹き抜けのスペースに数台のクルマが並んでいた。平日は日産自動車やその関連企業、サプライヤーなどの人々でにぎわっているのだろうが、取材に訪れた2月2日は土曜日。休日ということもあり、明かりは落とされ、ひっそりとしている。並べられているのは、昨年(2018年)最も数多く売れた登録車である「ノート」や、「リーフ」「エクストレイル」といった日産の人気モデルだが、その端に、小さいけれど鮮やかなオレンジ色のボディーカラーで存在感を示すクルマがあった。それが1972年式「サニー1200 GXクーペ TS仕様」。この日の取材の主役だ。

日産の社内クラブに「名車再生クラブ」がある。座間(日産自動車座間事業所)に収蔵されている往年の日産車を、1年に1台ずつ(2011年のみ2台)就業時間外にレストアしてゆく有志のクラブだ。2006年の発足以来、これまでに延べ13台をレストアしてきた。毎年、12人のコアメンバーが有志を募り、今回も80人ほどが参加したという。2018年度の活動は、同年5月26日のキックオフ式に始まり、車両のレストア作業、12月1~2日に開催された「NISMO FESTIVAL」での完成車のお披露目を経て、今回取材した2019年2月2日の「再生完了宣言式」で終わる。

あなたにおすすめの記事
新着記事