ダイハツの後付け安全装置、搭載可能車種が拡大

2019.02.08 自動車ニュース
4代目「ダイハツ・ムーヴ」
4代目「ダイハツ・ムーヴ」拡大

ダイハツ工業は2019年2月8日、後付け安全装置「つくつく防止(ぼうし)」の搭載可能車種を拡大し、販売を開始した。

7代目「ミラ」
7代目「ミラ」拡大
 
ダイハツの後付け安全装置、搭載可能車種が拡大の画像拡大

つくつく防止は、ペダルの踏み間違い事故による衝突被害軽減を目的としたもので、ソナーセンサーやコントローラー、インジケーターを後付けすることにより、顧客が現在使用中のクルマに機能を追加できるのが特徴だ。すでにその第1弾として、2018年12月に2代目「タント」を対象とした装置が発売されている。

今回、対象として加えられたのは4代目「ムーヴ」(L175S/L185S型)および7代目「ミラ」(L275S型)の2車種。装置の構成部品や制御の仕組みは2代目タントのものと同様となっている。

価格は3万4560円で、標準取り付け費込みの場合は5万9508円となる。

(Clubpyme)

関連キーワード:
ミラ, ムーヴ, ダイハツ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバス徹底解説 2016.9.7 ムーヴ キャンバス Debut!<PR> 2016年9月7日にデビューした、ダイハツの新型軽自動車「ムーヴ キャンバス」。室内のあちこちに設けられた“使える収納”に、さまざまなシートアレンジ、そして17種類におよぶカラーバリエーションなど、“新感覚スタイルワゴン”の見どころを、写真とともに紹介する。
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバスX“リミテッド メイクアップ SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2016.11.16 試乗記 ダイハツから、「タント」より少し背の低い“ミニバス”「ムーヴ キャンバス」が登場。「置きラクボックス」や「パノラマモニター」を初採用した新型軽の印象は? ストライプスカラーが映える「X“メイクアップ リミテッド SA II”」に試乗した。
  • ダイハツの後付け安全装置、搭載可能車種が拡大 2019.2.8 自動車ニュース ダイハツ工業は2019年2月8日、後付け安全装置「つくつく防止(ぼうし)」の搭載可能車種を拡大し、販売を開始した。4代目「ムーヴ」と7代目「ミラ」を対象に加えている。
  • トヨタ・サクシードTX(FF/CVT)【試乗記】 2019.2.5 試乗記 ついに「プロボックス/サクシード」にもハイブリッドモデルが登場。ハイブリッドを世に広めたトヨタにさえ、なぜかこれまで設定のなかった“はたらくクルマ”のハイブリッド、その仕上がりをリポートする。
  • 仕様変更された最新型「メルセデスAMG GT」発売 2019.2.14 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2019年2月14日、高性能スポーツカー「メルセデスAMG GT」のマイナーチェンジモデルを発表した。ヘッドライトやセンターコンソールのデザインに加えて、走行モードに関わるシステムなどが変更されている。
ホームへ戻る