第127回:デカい 重い 速い

2019.03.12 カーマニア人間国宝への道

ウルスの規格外な走り

「ウルス」での視線狩り作戦は中途半端な結果に終わったが、それでも、「いま一番旬なクルマ」に乗ってコーフンを得たという体験は、実に久方ぶりだった。

バブル期は、例えば出たばかりの「スカイラインGT-R」に乗っていると、歩道の学生集団が全員こっちをガン見して、走って追いかけてくるヤツもいた。初代「ロードスター」をパーキングメーターに止めて戻ってみたら、黒山の人だかりになってたりとか。思い出すと涙が出ます。

現代ニッポンでは、どんなクルマに乗ってても、まず注目されることなんかない。でもウルスに乗ったら、結局注目してくれたのはほとんど外国人だったけど、それでもあのいい時代の高揚感が軽くよみがえったのだ。あ、新型「アルファード」が出たばっかの時は、ガテン系男性の視線を相当集めたなぁ。そういう時代ッスよね。

ということで、最後にウルスで首都高をひとっ走り。

こ、これはものすごい!

アクセルを床まで踏み込んだ時のごう音は、踏んだ本人がビビるほど。加速も実にすさまじい。車両重量が2200kgもあるから、そんなに速いはずあんめぇと思っていたが、レインボーブリッジが崩壊する勢いで加速する。

もちろん、絶対加速は軽量超ハイパワーのホンモノ系スーパーカーのほうが上だと思いますが、デカくて重いモノが猛烈な勢いで加速すると、また別種の迫力がある。

ウルスのエンジンは、アウディRS系の4リッターV8ツインターボがベース。アウディRS系のデカいヤツの加速も強烈で、サウンドの気持ちよさもあきれるほどだったが、あれよりさらにウルトラすごく感じる!

銀座&浅草で、「ランボルギーニ・ウルス」の視線狩り作戦を行った。
銀座&浅草で、「ランボルギーニ・ウルス」の視線狩り作戦を行った。拡大
結局、注目してくれたのはほとんど外国人だった。
結局、注目してくれたのはほとんど外国人だった。拡大
「ウルス」の走りはウルトラすごい!
「ウルス」の走りはウルトラすごい!拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランボルギーニ・ウルス(4WD/8AT)【試乗記】 2018.11.16 試乗記 ランボルギーニが“スーパーSUV”と呼ぶ「ウルス」がいよいよ日本に上陸した。全長5m超のボディーに、最高出力650ps、最大トルク850NmのV8エンジンを備えたこの“猛牛”は、果たして日本の交通事情の中で生き延びていけるのだろうか……。
  • ランボルギーニ・ウルス(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.5.11 試乗記 ランボルギーニ初の“スーパーSUV”「ウルス」に試乗。新しいタイプのファイティングブルには、ほかの高性能SUVとは違った持ち味があるのか。その走りをサーキットから一般道、オフロードまで、さまざまな道でチェックした。
  • ランボルギーニ・ウルス(4WD/8AT)【試乗記】 2018.12.18 試乗記 ランボルギーニが開発した、スーパーカーならぬ“スーパーSUV”「ウルス」。いざ日本の道でステアリングを握ってみると、他社のSUVとも従来のランボルギーニとも違う走りに、驚かされることとなった。
  • ランボルギーニ・ウラカンEVO(4WD/7AT)【海外試乗記】 2019.2.12 試乗記 5.2リッターV10エンジンを搭載した「ランボルギーニ・ウラカン」が、より走りを高めた「ウラカンEVO」に進化。高性能モデル「ペルフォルマンテ」譲りの心臓を得た“ベビー・ランボ”の走りを、バーレーンのインターナショナル・サーキットからリポートする。
  • 【ジュネーブショー2019】フェラーリが、新型車「F8トリブート」の画像を公開 2019.3.1 自動車ニュース 伊フェラーリは2019年2月28日(現地時間)、V8ミドシップスポーツカー「488GTB」の後継となる「F8 Tributo(トリブート)」を発表した。実車は第89回ジュネーブモーターショー(開催期間:2019年3月5日~17日)で、世界初公開される。
ホームへ戻る