最高出力640psの「ランボルギーニ・ウラカンEVO」日本デビュー

2019.03.08 自動車ニュース
ランボルギーニ・ウラカンEVO
ランボルギーニ・ウラカンEVO拡大

ランボルギーニ・ジャパンは2019年3月8日、東京都港区の六本木ヒルズ52階TOKYO CITY VIEWにおいて自然吸気5.2リッターV10エンジンを搭載するミドシップモデル「ウラカン」の進化版となる「ウラカンEVO」を発表した。

発表会に登壇したランボルギーニ・ジャパンのカントリーマネージャー、フランチェスコ・クレシ氏。
発表会に登壇したランボルギーニ・ジャパンのカントリーマネージャー、フランチェスコ・クレシ氏。拡大
ウラカンEVOローンチプロジェクトマネージャー、ヴィットリオ・ミラノ氏がイタリアより来日。ウラカンEVOの車両説明を行った。
ウラカンEVOローンチプロジェクトマネージャー、ヴィットリオ・ミラノ氏がイタリアより来日。ウラカンEVOの車両説明を行った。拡大
六本木ヒルズ52階TOKYO CITY VIEWの発表会場に置かれた「ウラカンEVO」。ボディーはイメージカラーであるオレンジ色に塗られていた。
六本木ヒルズ52階TOKYO CITY VIEWの発表会場に置かれた「ウラカンEVO」。ボディーはイメージカラーであるオレンジ色に塗られていた。拡大
2016年10月にニュルブルクリンク北コースで量産車トップタイム(当時)をマークした「ペルフォルマンテ」譲りとなる最高出力640ps、最大トルク600Nmを誇る自然吸気V10エンジンをリアミドに搭載。
2016年10月にニュルブルクリンク北コースで量産車トップタイム(当時)をマークした「ペルフォルマンテ」譲りとなる最高出力640ps、最大トルク600Nmを誇る自然吸気V10エンジンをリアミドに搭載。拡大
センターコンソールにタッチスクリーン式の8.4インチモニターを新たに搭載。進化したヒューマンマシンインターフェース(HMI)を採用している。
センターコンソールにタッチスクリーン式の8.4インチモニターを新たに搭載。進化したヒューマンマシンインターフェース(HMI)を採用している。拡大
新デザインの20インチホイールを装着。タイヤサイズは前245/30R20、後ろ305/30R20サイズとなっている。
新デザインの20インチホイールを装着。タイヤサイズは前245/30R20、後ろ305/30R20サイズとなっている。拡大

アンベールの前に登壇したランボルギーニ・ジャパンのカントリーマネージャー、フランチェスコ・クレシ氏は、「ガヤルド」から始まったランボルギーニV10エンジン搭載モデルの歴史を紹介。ウラカンの生産台数が、登場から5年で6000台を超えたガヤルドのほぼ倍となる勢いで伸びていることをアナウンスした。

続いてイタリアより来日した、ウラカンEVOローンチプロジェクトマネージャーであるヴィットリオ・ミラノ氏によるウラカンEVOの車両説明に移った。ミラノ氏は「進化したポイントは大きく4つ。エアロダイナミクス、パワートレイン、ビークルダイナミクス、そしてヒューマンマシンインターフェース(HMI)です」と改良点の概要を紹介。

エアロダイナミクスは、ボディーデザインの変更によって従来型よりも空力効率で6倍、エンジン冷却性能で+16%、空力的車両バランスの改善、およそ7倍となる最大ダウンフォースの確保などを進化のポイントとして挙げた。

パワートレインではエンジンの高性能化に触れた。ウラカンEVOに搭載されているV10エンジンは従来型の改良版で、チタン製のインテークバルブや「スーパースポーツエキゾースト」と呼ばれる排気システムを採用。最高出力640ps/8000rpm、最大トルク600Nm/6500rpmというスペックに進化している。このエンジンは2016年10月にニュルブルクリンク北コースで量産車トップタイム(当時)となる6分51秒01をマークした限定モデル「ウラカン ペルフォルマンテ」と同じもの。ランボルギーニはウラカンの改良にあたり、特別なモデルとして登場したペルフォルマンテのエンジンを惜しみなく量産モデルに投入してきたのだ。

ビークルダイナミクスの改良では、後輪操舵システムの導入やトルクベクタリングシステムを統合制御する「ランボルギーニ・ディナミカ・ヴェイコロ・インテグラータ(LDVI)」の搭載がトピックとなる。LDVIはドライバーの意思やニーズを先読みして、理想的な走行ができるよう車両をコントロールするというユニークな機能も備えている。

センターコンソールにタッチスクリーン式の8.4インチモニターを新たに搭載したインテリアも、ウラカンEVOのセリングポイントになる。直接画面に触れてカーナビやApple CarPlayなどのマルチメディア、エアコン、シート、先述のLDVIなどの操作を行える。ミラノ氏はこれを「進化した最先端のHMI」だと紹介している。オーディオは指先を使ったアクションや、音声による操作も可能になっている。

乾燥重量が1422kgとなるウラカンEVOのパフォーマンスは、0-100km/h加速2.9秒、0-200km/h加速9.0秒、制動距離(100km/h-0km/h)31.9m、最高速度325km/hとなっている。

日本での価格は2984万3274円(税抜き)、2019年春から順次デリバリー予定である。

(Clubpyme)

関連キーワード:
ウラカン, ランボルギーニ, 自動車ニュース

ランボルギーニ ウラカン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランボルギーニ・ウラカンEVO(4WD/7AT)【海外試乗記】 2019.2.12 試乗記 5.2リッターV10エンジンを搭載した「ランボルギーニ・ウラカン」が、より走りを高めた「ウラカンEVO」に進化。高性能モデル「ペルフォルマンテ」譲りの心臓を得た“ベビー・ランボ”の走りを、バーレーンのインターナショナル・サーキットからリポートする。
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJクーペ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2018.9.28 試乗記 ランボルギーニの旗艦車種「アヴェンタドール」に、さらなる高性能モデル「SVJ」が登場。よりパワフルな6.5リッターV12エンジンを搭載し、先進の可変空力デバイス「ALA」を備えたアヴェンタドールの最終進化形を、クローズドコースで試した。
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ(4WD/7AT)【試乗記】 2019.1.7 試乗記 生産台数900台となる「アヴェンタドールSVJ」の記念すべき1号車が、目の前にある。歴代最高となる770psのパワーを持ち、ランボルギーニ自慢の可変空力デバイス「ALA」を採用したフラッグシップモデルの走りを、ワインディングロードで確かめた。
  • ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.12.26 試乗記 好戦的なエアロパーツで身を包んだ「ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ」。独ニュルブルクリンクの北コースを量産車最速(計測当時)のタイムで駆け抜けたと聞けば、その走りはさぞや“レーシー”と誰もが思うだろう。しかしてその実体は……?
  • 「トヨタ・スープラ」が17年ぶりに復活 2019.5.17 自動車ニュース トヨタ自動車は2019年5月17日、FRスポーツカー「スープラ」の新型を発表。同日、国内での販売を開始した。3リッター直6ターボと2リッター直4ターボを搭載する、全3グレードがラインナップされる。
ホームへ戻る