“愛”がキーワードの自動車リース!?
トヨタが提供する新サービス「KINTO」の可能性

2019.03.13 デイリーコラム

新車購入(?)のハードルを下げる新サービス

愛車購入は、一大決心だ。ほれ込んだ一台を手にするために、数百万円という大金を用意しなくてはならない。多くの人が清水の舞台から飛び降りる覚悟なのだから、その選択が「自分だけの仕様が選べる新車にしよう」となるのも当然のことだろう。

しかし、先進の安全運転支援機能などに代表されるクルマの高機能化は、価格上昇という現実をわれわれに突きつけてくる。そこでわれに返り、「やっぱり車検を通そう」とか「中古車で十分」「クルマはいらない。必要な時はレンタカーで……」なんて、新車購入以外の結論に至ることもよくある話だ。

そんな現実を打破すべく、トヨタから新たな自動車の買い方の提案が行われた。もっと新車購入のハードルを下げますよと……。それが“愛車サブスクリプションサービス”こと「KINTO」である。

そもそも「サブスクリプションとは何ぞや?」と疑問に思う人もいるだろう。これはユーザーが商品を一定期間、定額で利用できるサービスのこと。実はすでに身近なもので、多くの人が利用している。きっとあなたもその一人だ。例えば、定額音楽配信サービス「Spotify」や「Apple Music」、動画配信サービス「NETFLIX」や「Hulu」など……。ネット販売の「Amazon Prime」に含まれる「Amazon Music」や「Prime Video」も同様である。KINTOの場合は、3年間、定額で愛車を手にすることができるのだ。もっと簡単に言えば、すべてコミコミのリース契約となる。もっと簡単に言えば、3年間の全てコミコミのリース契約なのである。では、その詳細と特徴を見ていこう。

トヨタの個人向け自動車サブスクリプションサービス「KINTO」。利用者は月額料金を支払うことでクルマを利用できる。
トヨタの個人向け自動車サブスクリプションサービス「KINTO」。利用者は月額料金を支払うことでクルマを利用できる。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事