第560回:EVで戦う最高峰レース
「フォーミュラE」はいまこうなっている!

2019.03.13 エディターから一言

日本国内での開催も検討されているという、電気自動車の最高峰レース「フォーミュラE」。どんなマシンのどんなバトルが楽しめるのか、今季の香港大会を例に、競技の内容をリポートする。

この盛り上がりは要注目

FIAが管轄する国際レースの中で、いま最も著しい発展を遂げているのは、“電気のF1”の異名を持つフォーミュラEにほかならない。

同レースは電動シングルシーターの最高峰シリーズで、最初のシーズンは2014年9月に開幕した。設立当初こそ主要メーカーのワークスチームは少なかったが、環境対策の一環として世界各国で推し進められている「電気自動車の普及」が、その後の発展の追い風となっているのだろう。

プライベーターの支援を行っていたルノーやアウディに続いて、PSAグループのDSやジャガー、そしてBMWらもワークスとして参戦。さらに2018年12月に幕を開けた2018-2019年の第5シーズンでは日産も加わった。2019-2020年の第6シーズンからは、メルセデスとポルシェが新たに参戦するという。

このように、フォーミュラEは活況を迎えつつあるが、このレースの魅力はどこにあるのか? 2019年3月10日に香港で争われた2018-2019年(第5シーズン)の第5戦にあたる「香港E-Prix」にも触れつつ、現在のフォーミュラEにクローズアップしたい。

2019年3月10日に香港で開催された、フォーミュラE第5戦・香港E-Prix。練習走行や予選の単走こそ迫力不足は否めないものの、そのスタートシーンは迫力満点だ。エキゾーストサウンドはないが、全22台の“モーターサウンド”はスリリングで、オープニングラップから見応えのあるバトルが展開された。
2019年3月10日に香港で開催された、フォーミュラE第5戦・香港E-Prix。練習走行や予選の単走こそ迫力不足は否めないものの、そのスタートシーンは迫力満点だ。エキゾーストサウンドはないが、全22台の“モーターサウンド”はスリリングで、オープニングラップから見応えのあるバトルが展開された。拡大
第5シーズンからは日産が参戦。セバスチャン・ブエミ、オリバー・ローランドのコンビで臨むも、3月10日の今大会では2台そろってリタイア。ローランドは「香港E-Prixは常に全開でアタックできないので、レースマネジメントが難しい」などとコメントした。
第5シーズンからは日産が参戦。セバスチャン・ブエミ、オリバー・ローランドのコンビで臨むも、3月10日の今大会では2台そろってリタイア。ローランドは「香港E-Prixは常に全開でアタックできないので、レースマネジメントが難しい」などとコメントした。拡大
スポーツカーレースやF1で活躍してきたジャガーもフォーミュラEにチャレンジ。ドライバーはネルソン・ピケJr.、ミッチ・エバンスのコンビだ。ピケJr.によれば「共通のパーツが多いのでマシンの性能格差は少ないと思う」とのこと。
スポーツカーレースやF1で活躍してきたジャガーもフォーミュラEにチャレンジ。ドライバーはネルソン・ピケJr.、ミッチ・エバンスのコンビだ。ピケJr.によれば「共通のパーツが多いのでマシンの性能格差は少ないと思う」とのこと。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事