【オートモビル カウンシル2019】トヨタブースの主役は新旧「スープラ」

2019.03.14 自動車ニュース
A90型トヨタGRスープラ
A90型トヨタGRスープラ拡大

トヨタ自動車は2019年3月14日、千葉・幕張メッセで開催される自動車イベント「AUTOMOBILE COUNCIL 2019(オートモビル カウンシル2019)」(開催期間:4月5日~7日)への出展概要を発表した。

MA70型スープラ
MA70型スープラ拡大
MZ20型ソアラ
MZ20型ソアラ拡大
GX71型マークII
GX71型マークII拡大

トヨタブースの展示テーマは「Neo Classic 80's」。国内メーカー/ブランド5社による共同企画「百花繚乱(りょうらん)80's」と連携した一体展示としており、1980年代を象徴する“デートカー”や“ハイソカー”とともに、新旧「スープラ」を展示する。

展示車両は以下の通り。

  • A90型トヨタGRスープラ
  • MA70型トヨタ・スープラ(1988年)
  • MZ20型トヨタ・ソアラ(1989年)
  • GX71型トヨタ・マークII(1986年)

(Clubpyme)

関連キーワード:
オートモビル カウンシル2019, モーターショー, トヨタ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
新着記事