トヨタが「ジャパンタクシー」を一部改良して発売

2019.03.15 自動車ニュース
「トヨタ・ジャパンタクシー」
「トヨタ・ジャパンタクシー」拡大

トヨタ自動車は2019年3月15日、タクシー用車両「JPN TAXI(ジャパンタクシー)」を一部改良して発売した。

 
トヨタが「ジャパンタクシー」を一部改良して発売の画像拡大

今回の改良ではスロープ設置から車いす固定などに要する時間を3分程度へと短縮し、車いすの乗降性改善を図っている。

車いすの乗降用スロープを折りたたみ3つ折りから2つ折りへと変更したほか、延長用スロープについては折りたたみ構造から樹脂一枚板へと変更し、設置作業を簡素化。また、延長用スロープを用いず乗降用スロープのみで乗降する機会を増やすため、スロープの長さを840mmから1100mmに延長した。さらに、ベルト類を収納するフロアポケットの設置や、設置作業手順を記したラベルの貼り付けなども行った。

車いす関連以外では、衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense」のプリクラッシュセーフティーの検知対象に昼間の歩行者を追加したほか、パワースライドドアの閉じる時間を従来の6.5秒から5.0秒へと短縮。料金トレイの高さを10cm低くしたり、リアワイパーに間欠機能を加えたりと、細かな改良も図っている。

価格は従来モデルから据え置きとなっており、「和(なごみ)」が327万7800円で、「匠(たくみ)」が349万9200円。

(Clubpyme)

関連キーワード:
ジャパンタクシー, トヨタ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「トヨタ・ジャパンタクシー」出発式の会場から 2017.10.24 画像・写真 トヨタが新型タクシー車両「JPN TAXI(ジャパンタクシー)」を発表。東京・台場で出発式を開催した。各タクシー会社の関係者が集った出発式の様子を、ジャパンタクシーのディテールとともに写真でリポートする。
  • ただいま街で増殖中!
    新型タクシーの素顔に迫る
    2018.2.9 デイリーコラム 2017年の年末から街で見られるようになってきた、コロリとしたデザインの新型タクシー。その開発に際しては、タクシー専用車ならではの特別な事情や苦労があったというのだが……? 生みの親に話を聞いた。
  • ベントレー・コンチネンタルGTコンバーチブル(4WD/8AT)【海外試乗記】 2019.3.12 試乗記 「ベントレー・コンチネンタルGT」をベースとしたオープントップモデルが、3代目にモデルチェンジ。名称も新たに「GTコンバーチブル」となった4シーターフルオープンは、どのような進化を遂げているのか? スペインはアンダルシアで西川 淳が試した。
  • スバルXVアドバンス(4WD/CVT)【試乗記】 2019.2.28 試乗記 新しいプラットフォームを採用するクロスオーバー「XV」に追加設定された「アドバンス」には、スバル伝統の水平対向エンジンにモーターを組み合わせた「e-BOXER」が搭載されている。700kmに及ぶロングドライブに連れ出し、その実力を確かめた。
  • トヨタが新型「ハイエース」を世界初公開 2019.2.18 自動車ニュース トヨタ自動車は2019年2月18日、フィリピンにおいて、商用ワンボックス「ハイエース」の海外向け新シリーズを世界初公開した。刷新された専用プラットフォームにより、快適性と安全性を向上させるとともに、日常生活やビジネスで役立つ優れた基本性能と高い耐久性を持つという。
ホームへ戻る